こんばんは。

 

今週は、3重賞なんで、調教診断が忙しいですね。

早速ですが、共同通信杯(G2)の調教診断をしていきます。

 

先週のきさらぎ賞もですが、今年の3歳牡馬はレベルが高く、これからのクラシックに向けた重賞は毎回目が離せなくなると思います。
このレースも、ハートレーやスマートオーディンなど、例年なら断トツのクラシック候補であろう馬が出走しますのでレースは見逃し厳禁だと思います。

 

共同通信杯 調教診断

調教評価

A評価

該当馬なし

 

B+評価

①スマートオーディン

 

B評価

⑨イモータル

⑩ハートレー

⑥メートルダール

 

2強は、先を見据えた仕上げですね。
一矢を報いたいイモータルやメートルダールもこれは!という動きまでは無かったですね。

 

調教解説

スマートオーディン
栗坂 54.6-38.7-24.9-12.2 2頭併せ/外/強め/先着
余力は持たせた仕上げだが、運動量豊富で負荷はしっかりかけられています。
馬なりだが、加速ラップで走れており脚力はかなりのものです。
前走の末脚は強烈だったように、加速力ならトップクラスの存在。
軽さもあって、単なるマイラーとも思えません。
当然勝ち負けしてくる馬でしょう。
 
 
イモータル
栗CW 95.8-65.2-51.3-38.1-12.6 2頭併せ/外/強め/同入
今回は、順調に調整されており、巻返しの態勢は整っています。
雄大なフットワークで柔らかい動きをする馬で、距離は伸びた方が持ち味が
活きると思います。
まだ首の使い方が甘い面もあるので、もっと良くなる可能性を秘めた馬です。
古馬になって完成しそうですが、現時点でも能力の高さで好走出来そうです。
 
 
ハートレー
南W 68.0-53.0-38.8-12.5 3頭併せ/中/馬なり/先着
余力を残した仕上げですね。それでも併せ馬で負荷はしっかりかけられており
走れる態勢にはありそうです。
歩様は前の出が若干硬めですが、走らせると柔らかい走りをする馬です。
まだまだ上昇余地のある馬ですが、それでもあれだけ走るのですから能力は相当
なものと思います。この状態でスマートオーディンとどんな戦いをするか楽しみ
ですね。
 
 
メートルダール
南W 67.1-52.2-38.3-13.1 2頭併せ/内/馬なり/先着
キビキビしたした走りで状態は変わらず良さそうです。
頭が高いところがあるので、使える脚は短そうですね。個人的には中山向きと
思ってますが、ルメール騎手はギアの上げ方が上手な乗り方なので、ゴールまで
を逆算した乗り方をしてくれそうです。
東京でどんな走りを見せるか楽しみではあります。
 
 
リスペクトアース
南W 82.3-66.8-52.2-38.6-12.8 2頭併せ/内/強め/先着
長めから追い切りましたが、前走に比べ動きがこじんまりしていました。
やはり、足元が固まってなさそうなだけに手探りな調教状態に思います。
今回は、疑ってかかりたいですね。

 

 

以上です。