こんばんは。

京都記念の予想です。毎年G1級の馬が出走してきますが、今年はG1実績馬も

近走調子の悪いワンアンドオンリーだけですし、混戦模様ですね。

 

京都記念 見解

 

調教とデータ

調教診断とデータ分析の参考記事はこちら↓

2016京都記念 調教診断


主役不在!京都記念2016データ分析


 

調教からは、スズカデヴィアス、タッチングスピーチを上位に考えます。

人気どころの調教内容が良くないので、穴馬から入る馬券もありかなと思っています。

データからの注目点は、有馬記念組と4,5歳馬でしょうね。

さすがに有馬記念出走馬はここでは格上ということでしょう。

世代別では、若い世代の成績が良く迷ったら4,5歳馬を上位に取りたいですね。

 

見解

グループ分けは、

 

○(人気)Gr:⑨①⑥⑦②

△(穴)Gr:④③⑩⑫⑭⑤⑬

 

軸候補

⑭スズカデヴィアス

⑩ワンアンドオンリー


相手

⑥タッチングスピーチ

③トーセンレーヴ

②アドマイヤデウス


押さえ

⑨レーヴミストラル

 

中心には、調教A評価のスズカデヴィアスとB+評価で有馬組のワンアンドオンリーです。

調教派としましては、人気のレーヴミストラルやヤマカツエース、サトノクラウンは

評価出来ません。

 

スズカデヴィアスは、京都2200mは得意コースですし、使われつつ調子は上がっています。

展開面も今回は楽に行かせてもらえそうですので、人気も考えたら期待値は高いと思います。

 

ワンアンドオンリーは、ジャパンカップの走りから復活気配は伺えましたが、有馬記念は前が壁になり不完全燃焼に終わりました。これくらいのメンバーなら馬券内に好走しても文句言えない実績ですし、単勝オッズと連系オッズのバランスから、単勝に買い込みが入っているように見えます。調教からもデキは良さそうですし、復活があるならここだと思います。

 

相手も、有馬記念組のアドマイヤデウスとトーセンレーヴ、牝馬ですが決め手上位の

タッチングスピーチが本線です。

そして、スローペースになった場合のレーヴミストラルまで押さえます。

 

 

以上です。