おはようございます。

今週は、今年初のG1ウィークですね。
毎年思いますが、有馬記念が終わってあっという間ですね。

今年は、コパノリッキーの3連覇がかかっています。記録が生まれるか注目ですね。

本日は、1週前追い切り診断を行いますね。

 

フェブラリーS1週前追い切り情報

先週の調教映像から目に付いた馬を紹介します。
先週と今週の動きを総合的に判断することで、状態の把握の精度もあがると思います。

 

人気ブログランキングへ
前走も柔らかい動きが目を引いたが、1週前の動きも変わらず柔らかくデキは更に上昇している感じです。

ダート馬は基本的に捌きが硬い馬が多く、柔らかい動きの馬はほぼいません。だから、動きの硬さはそこまで気にしなくて良いです。
しかし、柔らかい馬は、道中から無駄な力を使いませんし、体力の消耗を抑えられます。
だからラストの伸びに繋がります。

この馬の今の状態なら、G1の舞台でもやれそうな予感がします。
人気もそこそこだと思いますので、期待値は高いですね。

 

・コパノリッキー

相変わらず動きは良いですね。
チャンピオンズC時に比べたら、若干硬さがありますが、冬場なので全く問題ないと思います。気分よく走れさえすれば強い競馬をするタイプですが、前走のように絡まれると脆い馬
です。今回も何頭か前に行きたい馬もいますから、展開がカギを握ると思いますね。
状態だけなら3連覇に向けて視界良好と言えそうです。

 

・ベストウォーリア

パワー満点の動きでした。この馬の好調時の動きです。
迫力満点でいかにもダートの短距離馬という感じですね。後は距離との戦いですね。
1200m,1400mなら前目から強気のレースが出来ますが、1600mは長いので騙し騙しの
レースになります。昨年のように上手く我慢出来れば馬券内に好走できますが今年はどうでしょうね。

 

・モンドクラッセ

前走時と同様にスピード感溢れる動きでした。
フットワークも大きくなりデキは前走以上のように見えました。
後は、展開でしょうね。この馬も逃げて結果を出してきた馬ですから、理想はハナでしょう。
ただ、今年はハナに行きたい馬が多いのも事実です。そこが克服すべき最大の壁でしょうね。

 

・ロワジャルダン

ここ数走、安定して走っていますが、調教ではあまり見栄えはしない馬でした。
キンカメ産駒特有の硬さがあるためです。しかし、先週の動きは硬さもかなり取れスムーズなフットワークでした。デキは今まで見た中で一番良く見えます。
もう少し上半身を使った走りが出来るようになれば申し分ないですね。
まだまだ成長途上の段階と思いますので、これから1戦毎にどんどん強くなっていきそうですね。前走は離された3着でしたが、急な乗り替わりもありましたし、着順ほどの差はないと
思います。今年はペースが速くなりそうなのでチャンスは大きいと思います。

 

以上になります。

明日は、データ分析を行いたいと思います。