どうも、たかぴです。

G1ウィークですね。しかも今週は4重賞…。
忙しいですね。フェブラリーSは何とか当てたいと気合入ってます!
空回りにならなければいいですが…(笑)

本日は、フェブラリーSのデータ分析をします。

 

フェブラリーSデータ分析

血統(種牡馬)データ

東京ダ1600mの種牡馬成績から探ります。

 

 

ゴールドアリュール産駒
37-27-17-25 勝率11.1% 複勝率24.4% 単勝回収率147% 複勝回収率75%
コパノリッキー

エンパイアメーカー産駒
13-6-1-12 勝率40.6% 複勝率62.5% 単勝回収率232% 複勝回収率117%
スーサンジョイ

サウスヴィグラス産駒
8-7-3-67 勝率9.4% 複勝率21.2% 単勝回収率179% 複勝回収率108%
コーリンベリーサノイチ

ケイムホーム産駒
7-6-7-51 勝率9.9% 複勝率28.2% 単勝回収率146% 複勝回収率107%
タガノトネール

 

 

血統的には注目馬が多いですね。
3連覇を狙うコパノリッキーの父ゴールドアリュールは、ダートでは外せない種牡馬ですね。
その他では、エンパイアメーカー産駒の成績が凄いです。これはさすがに無視出来ない数字ですね。
回収率では、サウスヴィグラス産駒とケイムホーム産駒にも注目ですね。

 

騎手データ

東京ダ1600mの騎手成績です。

横山典騎手(ロワジャルダン
46-29-21-163 勝率17.8% 複勝率37.1%

ルメール(ノンコノユメ
14-3-3-18 勝率36.8% 複勝率52.6%

内田(ローマンレジェンド
30-40-29-202 勝率10% 複勝率32.9%

戸崎(ベストウォーリア
29-21-26-159 勝率12.3% 複勝率32.3%

 

 

東京ダート1600mでよく馬券に絡むイメージがあった横山典騎手ですが、やはりデータでも
現れてますね。しかも、差し馬を連れてくるイメージがあるので、ロワジャルダンは良い鞍上を確保したと思いますね。

また、ルメール騎手の成績がヤバイです。勝ちすぎでしょう!
勝率が凄いことになってますもん。3回に1回以上勝ってる数字ですからね。

その他では、やはりダートでは戸崎と内田は注目ですね。
特に、ローマンレジェンドに乗る内田騎手には注目したいですね。最近は、岩田騎手でリズムの悪いレースばかりでしたから、この鞍上変更で新味が出ることを期待します。

戸崎騎手は、ベストウォーリア騎乗ですが、距離的に厳しい印象のある馬をどう乗るか注目です。

 

脚質データ

東京ダ1600mの脚質別成績です。

逃げ
66-57-38-365 勝率12.6% 複勝率30.6% 単勝回収率100% 複勝回収率117%

先行
235-228-184-1310 勝率12.0% 複勝率33.1% 単勝回収率116% 複勝回収率118%

差し
165-168-195-2285 勝率5.9% 複勝率18.8% 単勝回収率58% 複勝回収率69%

追込
62-75-109-2307 勝率2.4% 複勝率9.6% 単勝回収率30% 複勝回収率42%

 

 

やはり東京の直線は長いので、逃げ馬の成績が他のコースに比べて良くないですね。
今年は、逃げたい馬が多いのもありますから避けたい感じはします。

基本は、先行馬になりそうですが、差し馬の成績も他のコースに比べて悪くないので注意が
必要でしょう。

 

枠番成績

東京ダ1600mは枠番成績に特徴があります。

参照データはこちら

外枠になればなるほど成績が良いです。
芝の部分を長く通れる分有利なんでしょうが、ここまで数字で出ると注目せざるを得ません。

外枠は気にしなくて良いし、むしろ外枠の方が狙いたいと思います。

 

 

前走距離別成績

フェブラリーS過去10年の前走距離別データです。

 

1200m
0-0-0-5 勝率0% 複勝率0%

1400m
1-1-2-62 勝率1.5% 複勝率6.1%

1600m
0-0-0-7 勝率0% 複勝率0%

1800m
6-2-2-29 勝率15.4% 複勝率25.6%

2000m
1-3-4-11 勝率5.3% 複勝率42.1%

2100m
2-4-2-9 勝率11.8% 複勝率47.1%

 

前走レース別成績

東海S
2-1-0-4 勝率28.6% 複勝率42.9%

JCダート(チャンピオンズC)
3-0-1-4 勝率37.5% 複勝率50.0%

川崎記念
1-4-2-9 勝率6.3% 複勝率43.8%

東京大賞典
1-2-4-7 勝率7.1% 複勝率50.0%

 

距離短縮組は大不振ですね。今年は、モーニンなど距離延長組に人気馬がいるので、ここを軸にはしないほうが良さそうですね。

逆に、1800m組の成績は良いです。
毎年、東海S組より根岸S組の方が人気になる傾向がありますが、データからは東海S組を重視した方が良さそうですね。

 

世代別成績

フェブラリーS過去10年の世代別成績です。

 

4歳馬
3-2-1-30 勝率8.3% 複勝率16.3%

5歳馬
5-3-2-14 勝率20.8% 複勝率41.7%

6歳馬
2-1-5-34 勝率4.8% 複勝率19.0%

7歳馬
0-2-2-31 勝率0% 複勝率11.4%

8歳馬
0-2-0-15 勝率0% 複勝率11.8%

 

5歳馬の成績が優秀です
4歳、6歳も複勝率はそこそこですが、勝ち切るのは5歳馬が圧倒的です。

頭で狙うには5歳馬を中心に考えた方が良さそうですね。

 

データ分析まとめ

データからの注目馬は、

 

アスカノロマ
モンドクラッセ
ロワジャルダン

の東海S組の5歳馬が狙い目のように思います。 

1番人気の成績が5-0-2-3と抜群だし、データ的にもマイナス材料は見当たらないので
コパノリッキーも3連覇に向けて注目です。

4歳馬からは、
騎手成績、前走距離に魅力のノンコノユメ

種牡馬成績が見逃せないスーサンジョイ

牝馬ながら前走距離も魅力で注意必要なホワイトフーガ

が狙い目かなと思います。

 

 

本日は以上です。