こんばんは。

本日は、アーリントンCの追い切り評価をします。
映像がない馬も多く、全てを把握はできませんでしたので、確認できた馬の中からの評価に
なります。

開幕週ということもあり、馬場状態が分かりませんし、例年荒れたり、人気馬が来たりと掴みどころがないレースですので、馬券的には難しい印象ですね。

 

アーリントンC 追い切り診断

調教評価

A評価
・ボールライトニング

B+評価
・ヒルノマゼラン

・ビップライブリー

B評価
・アーバンキッド

・ウェーブヒーロー

・シゲルノコギリザメ

評価的には、上記の6頭につけました。
やはり、例年通り一線級はおらず、やや混戦模様だと思います。

調教解説

ボールライトニング
栗坂 50.9-37.3-24.5-12.1 2頭併せ/内/馬なり/先着
相変わらず動きは良好です。休養明けで少しフラつく場面もありましたが、
走るフォームは完成度が高く、このメンバーでは自力上位だと思います。
前走は、勝ちに行って早めに仕掛けた分ラスト甘くなりました。距離的に
マイルはギリギリだと思うので前走のような競馬では厳しいです。
今回は乗り替わりで、相手的にも無理に勝ちに行くレースはしなくて良い
のでしっかり脚を溜めるレースが出来れば結果は出ると思います。
 
 
ヒルノマゼラン
栗坂 52.2-37.8-24.6-12.5 単走/強め
使われつつなので、単走でサッと流す追い切り内容。
体幹がしっかりした走りでフォームがブレないです。完成度は高い方だと思います。
上半身を使えるようになればもっと強くなると思います。
ここ2走の内容が実にしぶといもので、クラスが上がっても安定した走りが
出来そうなタイプだと思います。
 
 
ビップライブリー
栗坂 53.5-39.6-26.2-12.6 単走/馬なり
馬なりで軽めの調整だが、実に完歩が大きく、ゆったりとしたフットワークが
目立ちます。動きも柔らかく、調教の動きからは素質の高さがうかがえます。
ストライドが大きいタイプなので距離は伸びても大丈夫そうです。
走法からも、前走のような不良馬場は得意なタイプではないと思います。
それでも、ラストの脚は他馬が止まったような感覚になるほどでしたので決め手
は侮れないと思います。大外から伸びてくる可能性もあるので軽視は禁物です。
 
 
ロワアブソリュー
栗坂 52.6-38.0-24.8-12.5 2頭併せ/内/強め/先着
脚力は感じる動きです。能力自体は良いものを持ってると思います。
しかし、如何せん気性が若すぎます。他馬を気にする面が強く、かなり
乗り難しいタイプだと思います。すんなりとハナを切れれば能力で押し切る
ことができるかもしれませんが、少しでも絡まれると脆さが出るようなタイプ
でしょう。人気になるでしょうし、軸では買いにくいです。
 
 
本日は以上です。