こんばんは。

本日は、日曜日に阪神競馬場で行われる G3阪急杯の追い切り診断です。

橋口調教師が、重賞勝利で有終を飾れるか注目ですね。
競馬界を去られるのは少し寂しい感じもしますが、これも時代の流れなので仕方ないですね。
ミッキーラブソングには頑張ってもらいたいですね。

 

阪急杯 追い切り診断

調教評価

A評価
該当馬なし

 

B+評価
③ブラヴィッシモ

⑤ミッキーラブソング

⑨レッツゴードンキ

B評価
⑩ダノンシャーク

⑬ミッキーアイル

⑪オメガヴェンデッタ

⑧マイネルアウラート

②ルルーシュ

調教では、物凄く目立つ馬はいませんでした。
各馬、まだ先を見据えた調整で、何としてもここを勝ちに来たという雰囲気の馬は
いませんでした。

開幕週でもありますし、過去10年の阪急杯の枠番成績が、
1枠 2-0-1-12 勝率13.3% 複勝率20%
2枠 2-2-2-9 勝率13.3% 複勝率40%
3枠 2-0-1-12 勝率13.3% 複勝率20%
であるように、内の馬は止まりにくい傾向があります。各馬デキに差は無さそうですし、枠番は重要視した方が良さそうです。

 

調教解説

ブラヴィッシモ
栗坂 52.1-37.6-24.2-12.3 2頭併せ/内/強め/先着
回転の速さが目立つフットワークでスピード感があります。
仕上がりは早そうなタイプに見えるので、休み明けは問題なさそうです。
重賞は初挑戦ですが、今年のメンバーなら見せ場はありそうに思います。
溜めれた際の一瞬の脚は侮れないと思います。
 
 
ミッキーラブソング
栗坂 53.3-38.7-25.6-13.0 2頭併せ/内/馬なり/同入
軸がしっかりしブレないフットワークで、デキは高いレベルで安定しています。
走りにゆとりがありますし、気持ちの充実もうかがえます。
前走同様に良いデキだと思いますので、橋口調教師の有終の美に向けて何とか
勝ちたい感じが見えます。切れる脚がないだけにスムーズに先行出来れば、今年
のメンバーならチャンス十分です。
 
 
レッツゴードンキ
栗坂 51.2-37.3-24.4-12.4 単走/強め
牝馬だが重量感があるパワフルな動き。
最後は少し苦しくなり内にもたれる仕草があったように、休み明けの影響は
少し感じます。正直もう1本追い切りが欲しい気もします。
しかし、昨年後半からスピードを抑えられなくなって来ており、今回の距離短縮
には魅力があります。パワフルな動きは健在なのでマイペースで折り合いつけば
あっさりの場面もあると思います。
 
 
ミッキーアイル
栗坂 50.3-36.9-24.2-12.5 2頭併せ/内/強め/同入
さすがのスピードは見せますが、今回は好調時に比べ躍動感に欠けます。
そのあたりは休み明けの影響を感じますし、先を見据えた仕上げです。
ただ、それでもこのメンバーでは能力は一枚上なので大崩れは考え難いです。
ここ数走を見ても、相変わらず抑えが効かない気性なので、テン乗りで乗り
こなせるかは不安です。
 
 
マイネルアウラート
南W 69.3-54.0-39.1-12.8 単走/強め
回転の速いキビキビとした動きでスピード感があります。
前走のデキはキープしています。力強さには欠ける馬なので、坂のある阪神
では、1400mの方が良さそうです。人気にはなりにくいタイプですが先行して
しぶといタイプなので大崩れが少ない点は魅力です。
 
 
 
以上です。