こんにちは。

リオンディーズ、マカヒキ、エアスピネルが早くも顔を合わせる弥生賞が今週末に行われます。
いよいよ、トライアルが開催され始めましたね。
今年は、牡馬クラシック路線に能力の高い馬が目白押しで、トライアルからかなりの盛り上がりを見せそうです。

本日は、追い切り前なので、3強それぞれの特徴を書いてみたいと思います。

 

弥生賞 有力3頭考察

・リオンディーズ
15朝日杯FS勝ち馬
まずは、昨年の2歳王者リオンディーズです。
キャリア2戦目でG1を制した大物です。その朝日杯は、デビュー戦で折り合い難を見せていたのと、距離がマイルに短縮されたこともあり、道中再後方からのレースになりました。
初戦の勝ちっぷりと、調教での目を引く動きから、レース前からかなり注目していましたが、
再後方の位置取りを見て、少し厳しいかなと思いました。
しかし、4角外を回って直線だけで差し切ってしまうのですから驚きでした。
レースの上がり3Fより1.1秒も速い上がりを使っての勝利ですから、相当な能力を持った馬なのは間違いないです。

父は、キングカメハメハで、JC勝ち、ダービー2着のエピファネイアを兄に持つ血統です。
雄大なフットワークで走る馬なので、距離は伸びた方が良いですし、広いコースの方が力を
発揮できるタイプだと思います。ですから、今回の中山のコースでどんな走りが出来るのか
注目しています。

この馬は、硬い馬が多いキンカメ産駒とは違い、柔らかい動きで、フットワークも雄大なので、ドゥラメンテと同様に、母方のサンデー系の影響を強く受けていると思います。
1週前の調教の動きも、非常に柔らかい動きで見栄えがしました。状態も良さそうなので、
勝ち負けは当然の存在でしょう。


・マカヒキ

若駒S勝ち馬
続いて、マカヒキです。
父のディープインパクトと同じローテーションでクラシックに挑もうとしています。
オーナーも父と同じ金子氏ですから、なんか本当にそうなりそうな予感もしますね。
顔も父とそっくりで、凛々しい顔をしています。お坊ちゃん的存在ですかね。
サトノダイヤモンドも凛々しい顔をしていますが、あちらは好青年的な感じです(笑)

レースぶりも、存在感抜群の内容を示しています。
前走の若駒Sも、普通なら逃げ馬が勝ってしまうような超スローペースでしたが、ステッキすら使わずにレースの上がり3Fより0.9秒も速い32.6の上がりで突き放しています。
差し切ったというレベルではなく、突き放したので凄みすら感じるレース内容でした。

パドックを見る限り、前走はキツめの仕上げをしていたと思うので、中5週の今回、どういう仕上げでくるのか興味はあります。
中間は外厩を使ってないみたいなので、厩舎での調整になりますね。
そこは少し微妙かなと思ってます。友道厩舎はそこまで仕上げに定評のある厩舎ではないと思ってるので、この判断がどう出るか注目しています。
前走時にある程度仕上げていたので、ダービーまでを考えたら、一度緩める期間も必要な感じもしますけどね。まあ、でも本番のクラシックでは勝ち負けする馬だと思っています。

 

・エアスピネル
デイリー杯2歳S勝ち馬、朝日杯FS2着馬
最後に、エアスピネルです。
朝日杯は、武豊騎手の全場重賞制覇のかかったレースだったのですが、惜しい2着に敗れました。しかし、悲観する必要はなく、普通の年なら確実に勝っていた内容でした。

この馬は、瞬発力に優れていて、抜け出す時の脚が速いのが特徴です。
前走の朝日杯も11.9⇒10.8と一気に加速して突き放しています。こういうタイプは小回りでは強さを発揮すると思います。ですから、弥生賞、皐月賞は大いにチャンスがあると思っています。馬体もキンカメ産駒らしく筋肉質な馬体で完成度も高いタイプですね。

後は折り合いですね。ずっとマイルを使ってて、初めての距離延長での2000mですから今回のレースぶりは興味あります。
折り合いに問題がなければ、豪華メンバーになりそうな皐月賞でも狙える馬だと思っています。朝日杯での着差はコース替わりで逆転出来る余地もあると思いますので、今週の追い切りの動きや、弥生賞でのレースぶりには注目しています。

 

 

トライアルから楽しみの多い今年のクラシック路線になりました。
今週からダービーまでは目が離せませんね。楽しみです。

 

本日は以上です。