こんにちは。

怪物マカヒキ現る!!
昨日の弥生賞を見ての率直な感想です。本当、強かったですね。

サトノダイヤモンドの時も鳥肌ものでしたが、今回のマカヒキもそれに近いものがありましたね。
どっちが強いのでしょうか?
皐月賞、ダービーと楽しみで仕方ないですね。

 

弥生賞回顧

レースラップ
12.5-10.5-11.3-12.2-13.0-12.8-12.5-12.5-11.3-11.3
前5F:59.5 後5F:60.4/前3F:34.3 後3F:35.1

 

スタート後の直線が長いこともあり、先手争いが若干激しくなりましたので最初の3Fは速いラップになりました。
しかし、5F目から13.0-12.8-12.5と中緩みのラップになっていますので、好位から後ろの馬は、比較的脚は溜めやすかったと思います。
クラシック本番でもこういうラップになることは多いですから、良い予行練習になったのではないかと思いますね。

で、リオンディーズが早めに仕掛けた形になりましたけど、あれは先行馬がバテただけですね。

ラップを見ても残り600m~400mのラップは12.5のままですから。
で、3強によるラスト2Fの脚比べになったわけです。

正直、リオンディーズの勝ちパターンだったと思います。
中緩みで脚も溜まっている、先行馬が勝手にバテてくれて仕掛けずに位置を上げれた、
3Fきっちり脚を使えた。これで差しきられるとは、デムーロも思わなかったと思いますし、
相当ショックだったのではと思います。リオンディーズはバテてませんからね。
最後まで伸びているのに差しきられた。これは、単純に脚が違ったということでしょう。

リオンディーズほどの馬以上の脚力を持つ、マカヒキという馬は末恐ろしいです。
まだ目一杯に追われた感じもなく、余力もありましたしね。
マカヒキの上がり3Fは33.6でレース上がりより1.5秒も速く、リオンディーズ、エアスピネルよりも0.8秒も速いです。

リオンディーズとエアスピネルは休養明けだったし、着差的にも本番は逆転も可能と思った人も多いかと思います。

しかし、個人的に断言させてもらうなら、逆転は不可能であろう です
それほどの脚力の差を感じましたね。
正しく異次元の脚です。

サトノダイヤモンドとどちらが強いのか、レース後そのことばかりが頭の中を駆け巡りました。

両馬を例えるなら、こんな感じですかね。

完成された天才児:サトノダイヤモンド
伸びしろ知らずのワンダーボーイ:マカヒキ

今年の、クラシックはメチャクチャ楽しみです!!
馬券は、サトノとマカヒキの一点で良いのではないかとさえ思っています。

最後に、エアスピネルですが、朝日杯とは逆にリオンディーズを追いかける展開になりましたが、逆転まで至らず。
やはり、リオンディーズとは脚力の差は明確だと思います。そして、その上にマカヒキがいる…。
生まれてくる時代が悪かったと思うしかありません。

 

パドック評価も好調です!

ブログでは、追い切り診断を中心にしていますが、その他にも、パドック診断やオッズ分析も得意にしています。

 

パドック診断は、時間的にブログには書けないので、現在は、Twitterに投稿しています。
最近も好調ですので、アカウントがあるかたは当日参考にしてみてください。

弥生賞パドック評価はこちら
チューリップ賞はこちら

また、オッズ分析は、たまにFacebookに投稿していますので、こちらも参考にして下さい。
で、良ければいいねもよろしくお願いします。

オッズ分析(馬券力向上委員会)

 

ゆくゆくは、メルマガ配信しようかとか、その他いろいろ考えています。
媒体をいくつもって以外と面倒なので…(笑)

 

本日は以上です。