こんにちは。

先週の盛り上がりが過ぎ、今週は、日曜日は牝馬重賞2鞍ですし、土曜日は、中京でローカルハンデ重賞で、少し盛り上がりに欠ける感もありますね。

本日は、少し視点を変えまして、追い切り前の注目馬を紹介しようと思います。

外厩施設の利用を無視してはいけない

 

その前に、現在の競馬と切り離せない存在になっている外厩施設について話しておこうと思います。
代表されるのは、ノーザンFが所持するノーザンFしがらき、ノーザンF天栄。
社台Fの山元TC、その他では、グリーンウッド、宇治田原優駿S、吉澤S-WESTなど、多数あります。

最近の休養明けの馬の成績が良くなっているのも、この外厩施設の影響が大きいです。
馬を鍛えたり、仕上げたりする技術は、JRAの厩舎以上のものがあると言ってもいいくらいです。

特に、ノーザンF生産馬(サンデーレーシング、G1レーシング、キャロット)の馬が良く利用するノーザンFしがらきとノーザンF天栄を経由してレースに出走してくる馬は、結構な確率で好走しますので注意しておいた方が良いです。

現在の主流は、中5~6週以上開けば、外厩舎を使うことが多く、その方が成績も良くなっています。
先週の、マカヒキは中5週でしたが、外厩は使用していませんでした。
おそらく、前々走時に使用していて、びっしり仕上げていましたので、弥生賞は体調維持で大丈夫との判断だったと思います。追い切りもそんな感じでしたしね。
皐月賞前は、おそらく勝負気配が高いなら外厩を利用すると思っています。

外厩を使わずに失敗したパターンは、先週のチューリップ賞のレッドアヴァンセです。
追い切りの動きは非常に良かったのですが、2走続けて自厩舎調整を行い、馬体減でジ・エンドでした。

このように、外厩施設は、馬の仕上がり面において切っても切れない存在になっていますので、その情報には注目しておいた方が良いです。

では、今週の追い切り前の注目馬を、外厩利用の有無より書いてみます。

中日新聞杯 追い切り前注目馬

 

・クルーガー:ノーザンFしがらき
・ブライトエンブレム:ノーザンF天栄
・ライズトゥフェイム:ノーザンF天栄
・ヤマニンボワラクテ:宇治田原優駿

ノーザンFは、基本的に関西馬がしがらき、関東馬が天栄を使います。

このレースは、2012年から春に開催されるようになり、前走が小倉大賞典、AJCC、中山金杯の馬たちの成績が良い傾向があります。

小倉大賞典組は、中2週になりますので、小倉大賞典前に外厩を使い好走した馬が調子を維持して好走するパターンが主です。今年ならアルバートドックですね。ただ転厩後なので微妙なところです。

中山金杯からは、ブライトエンブレム。
AJCCからは、ヤマニンボワラクテ、ライズトゥへイム。
その他から、4着以下が一度しかなく、社台グループと相性の良い高野厩舎のクルーガーは
注目しています。

 

中山牝馬S 追い切り前注目馬

 

・ルージュバック:ノーザンF天栄
・アースライズ:ノーザンFしがらき
・バウンスシャッセ:ノーザンF天栄
・ヴィルジニア:ノーザンFしがらき
・ハピネスダンサー:今回外厩利用なし


中山牝馬Sは、愛知杯組が注目です。
その中でも、Hペースで早に動いて好走したアースライズにはかなり注目しています。

後は、やはり牝馬ではトップクラスのルージュバックですね。有馬記念は距離が長かったようなレース振りでしたから距離短縮でこのメンバーならですね。

今回は、小倉大賞典から中2週で外厩使用してませんが、その前走はノーザンFしがらき使用で見せ場たっぷりの5着と好走したハピネスダンサーは調子維持出来てれば注目です。

 

フィリーズレビュー 追い切り前注目馬

 

・クードラパン:ノーザンF天栄
・アットザシーサイド:グリーンウッド
・キャンディバローズ:吉澤S-W
・オウケンビリーブ:ノーザンFしがらき

このレースは、抽選組も多そうで出走できる馬も正確には分かりませんが、
前走成績から、阪神JF、フェアリーS組には注目しています。

阪神JFからは、グリーンウッドと吉澤S-Wのアットザシーサイドとキャンディバロースには現時点では注目しています。

また、ノーザンF軍団が少ないレースですので、クードラパンは勝負仕上げのような気がしますので、この馬には最も注目しています。距離短縮も向きそうです。

しがらきからは、出走出来ればオウケンビリーブが穴っぽいかもしれません。

 

 

以上、追い切り前の注目馬でした。
明日か明後日からは、追い切り診断を行います。

本日は以上です。