こんにちは。

本日は、今週の4重賞の追い切り前の注目馬について書きます。

今週は、三日間開催なんですよね。忙しいですね。重賞も4つですから、追い切り確認するだけでも一苦労です。
最近は、三日間開催と言っても、昔みたいに3開催場全てではなく、2開催場ずつに分けられてますから、ゴチャゴチャしなくて個人的には歓迎ですけどね。

 

先週の重賞 外厩成績は?

まず、先週の重賞の結果のおさらいを。

中日新聞杯
1着:サトノノブレス(ノーザンFしがらき)
2着:ファントムライト(ノーザンFしがらき)
3着:レコンダイト(グリーンウッド)

フィリーズレビュー
1着:ソルヴェイグ(グリーンウッド)
2着:アットザシーサイド(グリーンウッド)
3着:キャンディバローズ(吉澤ST-WEST)

中山牝馬S
1着:シュンドルボン(松国馬事センター)
2着:ルージュバック(ノーザンF天栄)
3着:メイショウスザンナ(宇治田原優駿S)

外厩大活躍でしたね。
1~3着馬全て外厩使用馬が絡みました。レコンダイトやメイショウスザンナの穴馬も平気で馬券に絡んできますからね。

やはり、現在の競馬で、外厩を無視しては馬券は取れないということですね。

先週は、グリーンウッド勢が大活躍でしたね。
相変わらずノーザンF組も安定していますがね。今週はどうなるでしょうかね。

 

 

今週の追い切り前注目馬

ファルコンS

・シュウジ(吉澤STーWEST)
・レッドラウダ(グリーンウッド)
・ペイシャフェリシタ(KSトレーニングC)
・ブレイブスマッシュ(エフティF小見川)

 

ここは、シュウジが注目でしょうね。
この馬は、スピードがズバ抜けた馬で、マイルは長いです。今回は1400mへの距離短縮で巻返し可能です。ただベストは1200m以下だと思います。
橋口厩舎から転厩となり、中間はCWコースでも調教され、体力強化を施されてますから、
結果として出るのか注目しています。

その他の注目馬は以下です。
パワータイプで中京は合いそうなレッドラウダ。
前走同条件勝ちのペイシャフェリシタ。
短距離路線の矛先を向けたブレイブスマッシュ。

 

阪神大賞典

 

・シュヴァルグラン(ノーザンFしがらき)
・カレンミロティック(ノーザンFしがらき)
・アドマイヤフライト(ノーザンFしがらき)

ここは、シュヴァルグランが勝たなければいけないレースとなりそうです。
前走日経新春杯に出走した馬の成績が、2-1-2-5と勝率20%、複勝率50%ありますからね。
ノーザンFしがらき経由で、天皇賞に向けて勝ちたいところでしょう。

その他注目は、ノーザンFしがらき経由のカレンミロティック、アドマイヤフライトですね。

トーホウジャッカルは、まだ馬体が重めに見えるので、中々思ったように調教出来ないのではないかと思いますね。

 

スプリングS

・ロードクエスト(外厩なし)
・ドレッドノータス(ノーザンFしがらき)
・プランスシャルマン(山元TC)
・アドマイヤモラール(ノーザンF天栄)

 

ここは、外厩を使用してませんが、ロードクエストに大注目でしょう。
サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズの3強を相手にできる存在だと思ってますから、ここは皐月賞に繋がる内容で結果が欲しいところです。
管理する小島調教師が、「3歳時は厩舎力が大事」と自らにプレッシャーをかけるかのような
発言をされていました。外厩に出さずに厩舎で調整されており、その意気込みは並々ならぬものを感じますし、好感も持てますね。

 

フラワーC

・エールデュレーヴ(ノーザンFしがらき)
・ギモーヴ(ノーザンFしがらき)
・シャクンタラー(ノーザンF天栄)
・バレエダンサー(ノーザンF天栄)
・ゴッドカリビアン(吉澤ST-WEST)

 

ここは、何が出走できるかわからないので、注目馬も決め辛いです。
とりあえず、上記の5頭は優秀外厩経由なので、出走出来たら好走するかもしれません。

 

 

本日は以上です。