こんばんは。
 
今週は、G1高松宮記念が行われます。
いよいよ春のG1シーズンが来ましたね。楽しみです。
ここ最近は、馬券の売上も上がっていますし、今年はクラシック戦線もスター候補が
多くいますので、益々盛り上がっていくような気がしています。
 
今週は、高松宮記念を中心に情報提供していこうと思ってます。
本日は、1週前の追い切りの動きの評価をします。
 
 

高松宮記念 1週前追い切り情報

まずは、一週前の追い切りの解説から。
映像を確認できた馬は、以下の6頭です。
・ウキヨノカゼ
・ウリウリ
・サクラゴスペル
・ダンスディレクター
・ハクサンムーン
・ミッキーアイル
 
動きが良かった馬について書きます。
 
ウキヨノカゼ
ひと叩きされて、フットワークが大きくなり、走りに躍動感が出てきました。
動きも柔らかくなり、一変ムードが漂っています。
牝馬とは思えない力強さがある馬で、パワーを凄く感じます。
前走は、確かに負け過ぎですが、この動きを見ると巻返しを期待したくなります。
パドックで落ち着きがあった前走を見る限り気性の成長も感じました。
 
 
ミッキーアイル
更にフットワークに躍動感が出ています。バネが凄く飛んでいる感じに見えます。
前走は、勝ちはしましたが、まだ余裕を持たせた仕上げであったと思います。
今回は目標のG1に向けてピークに近いデキまで持ってこれそうです。
昨年は、控える競馬にこだわり、中途半端なレース振りになる事が多く、馬自身も
ストレスが溜まる年だったように思います。今年は無理に抑えず、馬の気分に任せた
レースをしそうです。今年はテンに速い馬も多いので、自然と2,3番手で競馬が出来そう
なので押し切る可能性も高いのではないかと思います。
何より、スタートセンスが抜群で、そこだけで2馬身くらいはアドバンテージが取れる
ことは非常に大きな武器だと思います。
 
 
ダンスディレクター
相変わらず回転の速いスピード感抜群の動きで、前走より更に状態は上がっていそうです。
この馬は、折り合いが難しいですが、すんなり折り合うと抜群の瞬発力を繰り出せるところ
が長所です。前走も1枠で折り合いがついたので、追ってからの脚は抜群でした。
気性も年齢を重ねる毎に成長してきて、昔ほど折り合いに苦労することはなくなりました。
極端な外枠を引いた場合は少し不安はありますが中枠までなら、前走以上の脚を期待できる
デキではないかと思います。
ただ、個人的に不安材料があるのは、今の中京の馬場は合っていないのではないかということです。
 
 
ハクサンムーン
もうピークは過ぎたのかと思っていましたが、前走は全盛期顔負けのスピードを見せ、
前半3F32.7の脚で逃げ粘った。
昨秋の2戦は状態面が良くなかったのではないかと思いました。
前走くらいのスピードがあれば、ここでも楽にハナ争いが出来そうですね。
おそらく、この馬かローレルベローチェがハナを切ることになりそうです。
この馬は、単なるスピード馬じゃなく、パワーも兼ね備えていますので、今の中京の
馬場は適正が高いと思います。ここ数年スプリント路線を引っ張って来た馬ですし、
年齢的にも、今年が最後のチャンスでしょうから、お釣りのない仕上げでくると思います
ので、軽視は禁物だと思います。
 
 
1週前の調教で最も評価する馬は
↓この馬↓です(ブログ紹介文に記載しています)。


にほんブログ村

 
 
本日は以上です。