こんにちは。
 
さて、今週はいよいよクラシック第一弾「桜花賞」です。
今年は、前哨戦の2戦で、1分32秒台が出るなど、レベルが非常に高い馬が数頭いますので、
白熱したレースが見られると思います。
 
本日は、その桜花賞の1週前追い切りの見解を書きます。
 
 

桜花賞 1週前追い切り診断

シンハライト
走りのバネが凄いです。弾むようなフットワークで、1完歩で他馬よりも進む距離が
大きいのでしょう。
前走時でも、まだ8分くらいの仕上げだと思いますし、トモの筋肉量もまだ少なく、
今後どんどん成長していく馬だと思います。
それでいて、前走のパフォーマンスですから、底の見えない馬だと思います。
前走からの上積みもかなり感じますし、外目を回っても勝ち切った内容からも、
同じ舞台なら、ジュエラーには負けないような気がします。
後は、快足重戦車のメジャーエンブレムを差し切れるかですね。
楽しみな馬です。
 
 
メジャーエンブレム
クイーンCから間隔を開けましたが、これは大正解だったように思います。
正直、前走時は、動きに硬さが出てきていましたので、短距離馬にシフトしていく
ような感じに思えていました。
しかし、1週前の動きを見た結果、その不安は解消されました。
動きが非常に柔らかくなっており、それでいて重戦車のような抜群のパワー感は健在です。
この動きなら、マイルは簡単に押し切れる可能性も高いですね。
阪神マイルは、逃げ切りが難しいコースですが、無謀に絡んでくる馬がいない限り自分の
ペースでレースできる可能性が高く、そうなれば止まる場面は想定できません。
 
 
ラベンダーヴァレイ
チューリップ賞の時にも穴馬として推奨しましたが、非常に雰囲気のある動きをする馬です。
1週前の動きも時計は遅いですが、直線で追われてからのフットワークは、回転が速くバネが
ありました。
馬体維持に課題がある馬ですから、今は力強さはありませんが、今後成長していくにつれて
パワーもついていくと思います。
まだ成長段階ですから、今年のレベルで勝ち切るまでは厳しいかもしれませんが、2,3着狙い
に徹すれば馬券内に走ってくる可能性も感じます。
賞金を持ってないので、オークスに向けて、4着までには入りたい意図はあると思うので、
三連系の馬券には入れておきたい存在です。
 
 
ジュエラー
今までは、ポリトラックコース主体の追い切りでしたが、今回は中間から坂路に入れています。
坂路での動きは初めて見ますが、若さを見せる動きでしたね。
まだ、気性が若いですし、追われてフラフラする面も見せていました。
フットワークも、上半身の使い方がまだまだですし、今は素質だけで走っている感じがします。
それでいて、この成績を残せますから、能力は高い馬です。
今回は、G1ということで、他もビッシリ仕上げてきますので、完成度の差で迫られることも
ありそうに思います。
基本的にはオークス向きでしょうから、勝ち切るまでは難しいかもしれません。連下で。
 
 
ウインファビラス
気合の入った調整内容でしたね。
関東馬ということで、1週前に速いところをやってきました。
南Wで長めからビシッと追う内容で、桜花賞に向けて悔いを残したくない気持ちを感じました。
阪神JFでの敗戦を相当悔しがっていたのが印象的ですし、陣営も勝ち負けできる能力を感じているのではないかと思います。
後は、前走のチューリップ賞の惨敗をどう判断するかでしょうね。
巻返しは可能だと思います。
 
 
ビービーバーレル
この馬も、メジャーエンブレムと同様にパワーに溢れた走りをする馬です。
フットワークも、全身をいっぱいに使って伸びやかです。
完歩が大きく、パワー感のある走りですから、瞬発力に欠けることは確かです。
ですから、東京などのコースよりは阪神の方が向くタイプだと思います。
前走は、コースが不向きなこともありますが、メジャーエンブレムのペースに付き合うことに
なり、脚を完全に無くす展開になったことが敗因だと思います。
やはりあの馬に付き合ってしまうと、潰されますので、今回はもう少し後ろ目の位置からレースが出来れば見せ場以上は期待できると思っています。
 
 
各馬解説は以上です。
 
 
現時点での個人的見解です。
桜花賞 1週前調教からの中心候補は?
 
 
穴馬候補は?

 
 
 
本日は以上です。