おはようございます。

桜花賞の追い切り診断です。

いよいよクラシックが始まりますね。
今年は、牡馬、牝馬共に、強烈に強い馬が数頭いて、遂にどの馬が強いのかがはっきりすると思うとワクワクしますね。

まずは、牝馬クラシック第一弾の桜花賞からですね。

メジャーエンブレムのスピード&パワーは驚異的ですが、桜花賞は差し、追込みが好走するレースですので、そんな中で圧倒できるのかに注目しています。

 

桜花賞 調教診断

調教評価(ランク分け)

A評価
⑮ラベンダーヴァレイ
⑫シンハライト

B+評価
⑤メジャーエンブレム
⑥ビービーバーレル
⑰アドマイヤリード
⑯ウインファビラス

B評価
⑪レッドアヴァンセ
⑬ジュエラー
⑧アッラサルーテ
①キャンディバローズ

世間では、3強やら1強やら言われていますが、さすがにクラシックとなると伏兵陣営もビシッと仕上げて来ますね。
調教からは、穴馬っぽい馬も確認できましたので、すんなり3強で決まるとは思えないのですがどうでしょうね。

後、土曜日の馬場は確認しておいた方が良いでしょうね。
さすがに高松宮記念時のような著しい変化はないとは思いますが、先週からBコースに変わって前が有利の馬場になってましたので、今週もその傾向かどうかは確認が必要だと思います。
外枠に差し馬が多く入りましたので、内有利の馬場なら内枠の先行馬が穴を開ける可能性も
あると思いますね。

 

調教解説

ラベンダーヴァレイ
CW 65.2-49.7-36.5-12.1 2頭併せ/内/強め/先着
やはり、走る雰囲気のある馬です。走るディープ産駒らしいバネがありますし、
追って沈み込むフォームが出てきました。体全体を使って走れており、キレも感じます。
休み明けを叩いて、状態はかなり上がっていると思います。
その前走時は、馬体減りを危惧して軽めの内容でしたが、それでもきっちり3着を確保して
権利を取りました。今回は、しっかり時計も出せて負荷もかけられているので、1,2着馬との
差は縮まっても良いと感じます。
1勝馬なので、ここで4着以内に入らないとオークス出走は出来ません。馬体も減りやすい馬なので、出来れば輸送のあるトライアルは使いたくないでしょう。
そう考えれば勝負気配は高いですし、結果を出せるだけのデキにあると思います。
金子HDの馬なので、地元東京で行われるオークス出走は必須なのではないかと思います。
 
 
シンハライト
栗坂 51.9-37.9-24.5-12.3 2頭併せ/内/強め/先着
仕上がってきましたね。今回はピークに近いところまで仕上げてきたと思います。
まだまだ上昇の余地はありますが、前走以上は間違いないです。
ゆったりとしたフットワークで、スピードが出ているようには見えないのですが、
一完歩の距離が長く、追えば追うほど伸びていくような走りです。
前走も、一旦ジュエラーに抜けられましたが、一完歩毎に差をつめて差し切りました。
ジュエラーよりも外を回りましたし、この馬の強さの方が目立ちました。
差し有利の桜花賞なら、女王メジャーエンブレムを差し切る場面があって良いと思います。
 
 
メジャーエンブレム
南W 65.6-50.1-37.0-12.0 3頭併せ/内/強め/先着
やはり、規格外の馬ですね。全体時計が速いのに、軽く仕掛けただけでラスト1F12.0ですから
脚力が違います。前走時に見られた硬さもなく、柔らかい動きです。
目標に向けて、思惑通りの仕上げが出来たと思います。
後は、自分との戦いですね。やはり抑えの効かないところがある馬ですので、ハナを主張する
馬がいた場合のレースぶり次第になります。
逃げ、先行が不振の桜花賞ですから、強力な差し馬がいる今回は簡単には勝たせてもらえない
と思います。まあ、体内時計に優れ、折り合いをつけるのが上手なルメール騎手ですので、
あまり心配はいらないと思います。勝てば安田記念に挑戦して欲しいと思いますね。
 
 
ビービーバーレル
南W 68.3-53.9-40.3-12.5 2頭併せ/内/強め/先着
ここ数走と変わらずパワフルな動きで迫力満点です。
かと言って動きの硬さもありませんし、体をいっぱいに伸ばしたフォームで柔らかさも十分です。
この馬はパワーを全面に出した馬なので、前走の東京コースより、阪神の方が向きそうです。
前回は、メジャーエンブレムのペースで脚を無くしてしまいましたので、今回は脚を溜めれるかが課題になります。
しかし、メジャーエンブレムと隣の枠に入ってしまいましたので、抑えられるか不安も出てきました。先行馬が、流れ込む展開になれば出番があって良いと思います。
 
 
アドマイヤリード
CW 84.2-67.9-53.1-38.9-12.2 3頭併せ/中/強め/先着
追ってからの回転の速さとスピード感は抜群でした。デキはかなり良さそうです。
ただ、動きに迫力が欠けます。馬体も小さい馬ですし、現状では平坦コースの方が良さそう
だと思います。
以外と阪神マイルの成績が良い、ステイゴールド産駒ですし、一瞬の脚を活かせる展開になれば好走可能でしょう。
しかし、8枠となり外を回らされる展開になりそうで、脚を溜めるのが難しくなりそうです。
 
 
ウインファビラス
南W 69.5-54.4-39.5-12.9 3頭併せ/外/馬なり/同入
先週に長めから追ってますので、今週は動きを確かめる程度の内容でした。
しかし、併せ馬を出来ていますし、負荷はしっかりかけられています。
ほぼ馬なりでしたが、併走馬を一気に捕らえましたので、デキは良いですし、切れも
感じました。
前走は案外でしたが、阪神JF2着馬ですし、状態も上がってますから巻返し態勢にはあると思います。
 
 
レッドアヴァンセ
栗坂 51.8-37.9-24.5-12.1 2頭併せ/内/強め/先着
判断が難しい馬ですね。調教時計もしっかり出せていますし、動きにもバネを
感じます。巻返しても不思議はないと思います。
前走の敗因は、馬体減に尽きます。今回は馬体重を戻せてるかが最大の課題でしょう。
しかし、馬体減りの心配のある馬のような軽い内容では無かったので、勝ち負けを狙っている調整ではあります。
その前走も、大きく負けてませんし、上がりも33.1を出していますから馬体が減ってなければ勝ち負け出来ていた可能性もあります。
前走後は、中4週にも関わらず、ノーザンFしがらきに出されていますので、立て直しに向けて抜かりはないように思います。一発があっても不思議ない馬です。
 
 
ジュエラー
栗P 63.0-48.5-35.4-11.0 2頭併せ/内/強め/先着
今週は、いつも通りポリトラックでの追い切りでしたね。
Pコースなので、時計は出て当たり前です。やはりPコースですから、どうしても負荷は少ないです。
今回はG1なので、そこが他馬との上昇度で劣る可能性もあります。
この厩舎はよくポリトラック追いをするので、調整法は熟知していると思いますが、
サウンズオブアースのように勝ちきれない馬も多いのも事実です。そこの判断をどうするか
難しいところですね。
今回は、シンハライトと枠の内外が逆になりますので、前走からの逆転は難しいような感じもしますね。
オークス向きの馬でもありますし、そこに向けて内容のあるレースを期待します。
もちろん、馬券からは外せない馬ですが、勝つのは難しいかなと思っています。

 

以上です。

 

予想は?

本命:

対抗:⑤メジャーエンブレム

穴馬:

配当的にも、このレースは絞って馬券を買いたいと思ってます。

本命ー対抗の馬連
穴馬ー本命、対抗のワイドの3点+本命の単勝を買いたいなと思っています。

本命馬の単勝を購入して、レースを楽しむのが個人的に好きなので(笑)

 

 

本日は以上です。