こんにちは。
 
今週は、牡馬クラシック第一弾「皐月賞」です。
今年は、サトノダイヤモンド、マカヒキ、リオンディーズの3強対決と言われていますが、
伏兵陣も能力の高い馬が揃ってますので、簡単には決まらないと思っています。
桜花賞の教訓もありますので、決めつけは厳禁だと思います。
 
ここ数年の中でも、今年は最も楽しみな牡馬クラシックとなりましたので、皐月賞、ダービーとワクワクして仕方ないですね。
 
さて、本日は、皐月賞の1週前調教の情報をお伝えしようと思います。
 
 

皐月賞 1週前追い切り診断

サトノダイヤモンド
相変わらず走るフォームは見栄えして惚れ惚れします。
長年、馬の走りを見てますが、ここまで魅了するフォームの馬はなかなかいません。
ナリタブライアン、ディープインパクト、オルフェーヴル、キズナのそれに匹敵、いや
それ以上の魅力あるフォームです(個人的にですが)
ただ、今回は休み明けなので、若干の重たさも感じました。今週の追い切りできっちり
仕上がるか注目ですね。
馬体は、更に筋肉量が増し、逞しさを増した印象です。確実に成長していますね。
今回は、きさらぎ賞からの直行ということで、過去好走の例のないローテでの出走になります。そこが、個人的に引っかかっているところで、陣営の意図が読めません。
皐月賞よりダービーという感じがしないでもないので、今週の追い切りも含め仕上がり具合は
しっかり見極める必要があると思います。
今年は余裕ある仕上げで勝ち切れるほどのメンバーの質ではないと思いますので。
ただ、将来的に考えて一番能力が高いのはサトノダイヤモンドだと思います。
 
 
マカヒキ
CWコースで長めから時計を出し、超抜時計を出しています。
併走馬も軽く気合をつけただけで交わしましたし、相当に攻めた内容になってます。
やはり、今年のメンバーでは、どれだけ鍛えたかによる成長度や上昇度も重要になってきます。
1週前の調教を見る限り、マカヒキにはかなりの勝負気配を感じました。
これだけの成績を残し、且つ能力の高い馬がこれだけ負荷をかけられている姿を見ては、
中心視せざるを得ない心境になっています。今週の追い切りでも攻めの姿勢を貫くのか注目です。
スタートで少し後手を踏む馬ですので、枠順は重要だと思います。今回は、多頭数なので外枠だと外を回すことになるでしょうし、内枠すぎると位置取りで後手を踏みそうですから、理想は4~6枠の中枠でしょうね。そこが引ければ頭で狙いたいと感じています。
 
 
リオンディーズ
CWコースでいつも通りの内容ですが、ひと叩きされて、素軽さが出てきました。
フットワークも柔らかくなり、窮屈さが無くなっています。
前走時は、少し硬さもありました。成長して筋肉量が増えて、マイラーの体つきになっていたので、その硬さがレースに少し影響した面もあると思います。
体つきは変わりませんので、本質はマイラーかもしれませんが、若いこの時期は関節も柔らかいので、距離適正は気にならないです。
後は、いかに折り合いがスムーズかでしょうね。前走内容からも、マカヒキには加速力では
劣ると思いますので、理想は前走同様に前目の位置取りでしょう。スムーズに折り合えれば、
多頭数の今回は、押し切れる可能性も上がると思います。
 
 
エアスピネル
今までの坂路調教から、CWコースに入れて運動量を増やしています。
瞬発力に特化したタイプでしたので、コース調教で乗り込み量を増やして持続力強化を計ることは良い選択だと思いましたし、コースで追い切ることで折り合い面の強化も期待出来ます。
前走のパドックで、馬体に幅が出て逞しくなっていたので、確かな成長も感じました。
リオンディーズには連敗と、差をつけられてしまった感はありますが、この馬の起用さと一瞬の脚は小回りの中山では大きな武器になることは確実ですし、今回は多頭数になることで、それが前走以上に活きてくると思います。内枠でも引ければ立ち回りでのアドバンテージを得られので、馬券内に走れる可能性はあります。まだ終わった馬ではないです。
 
 
ロードクエスト
前走時から調教のピッチが上がっており、今までとは雲泥の差の運動量を課していると思います。
フットワークにバネがあり、柔らかい動きは健在で、一戦毎に状態は上がっていることは間違いないと思います。
1週前の調教は、3頭併せの内から併せる内容で、馬群に入れることも想定した内容でした。
個人的にですが、この馬はまだまともな状態でレースを走ったことがないのではないかと思っています。
今回、ピークに近いデキで挑めるのかは定かではありませんが、まだ隠されたギアがあるのではないかと思っている馬です。
新潟2歳Sを5馬身離した内容は衝撃的ですし、相手のレベルがどうかとか言うのはナンセンスだと思います。重賞レースで着差を広げられるということは、馬自身の能力が高くないと出来ません。
前走のスプリングSでも、ステッキ無しでしたので、池添騎手は、脚を測った乗り方で勝つ気はあまり無かった可能性もあります。直線入っての一瞬で差を詰める足には魅力がありましたので、まだ全然見限れないと思います。
 
 
ディーマジェスティ
人気の盲点になりそうだなと感じている馬です。
1週前は、南Wで4頭併せの最内だったので、フットワークなどはじゅうぶんには確認出来ませんでした。
しかし、芯のしっかりした走りで、重心がブレないので完成度の高さは感じます。
二宮厩舎は、休み明け初戦の仕上げに定評があり、成績が良いです。共同通信杯から参戦のローテも近年のトレンドになりつつあるほど好成績ですので、穴をあけても不思議ない馬ですね。
 
 
アドマイヤダイオウ
CWで好時計を出していましたね。前肢の掻き込みが力強く走りにパワーがあります。
ディープ産駒らしいバネもありますので、脚力はかなりあると思います。
完歩が大きいので、持続力は確かなものを感じます。ここ2走のように早めに仕掛けても
バテないのはこの馬の強みですね。
中山のトリッキーなコースでは、加速力に優れた馬がその脚を出しきれない展開も多く見られます。
そういう展開になった時に、この馬のようなバテない脚で早めに抜け出せば、見せ場以上の場面を見せられるかもしれません。
 
 
 
以上が、動きが良いと思った馬です。
 
 
世間では、3強対決と言われますが、個人的には2強だと思っているんです。
その、2強は、スーパーホースの域にあると感じています。
今年のメンバーは、その2頭を除いた馬でも例年以上のレベルです。本当に恐ろしい世代だなと思いますね。
 
その2頭は、↓こちら↓で紹介しています。
 
 
しかし、皐月賞はトリッキーな中山が舞台ですので、枠順や展開などで実力どおりに決まらないこともありますので、この2頭で鉄板かと言われればそうではないと思います。
そこが競馬の難しいところですね。桜花賞の例もありますし。
ただ、能力の誤魔化しが効かないダービーでは、この2頭で決まる確率はかなり高いと
思っています。
 
 
 
本日は以上です。