こんにちは。 たかぴ です。



チャンピオンズCの見解です。



○グループ

⑦コパノリッキー

⑬ホッコータルマエ

①ノンコノユメ

②サウンドトゥルー

⑨ローマンレジェンド

⑥ナムラビクター



△グループ

⑯ロワジャルダン

⑭ガンピット

⑧ダノンリバティ

⑩グレープブランデー

④サンビスタ



軸◎候補

⑦コパノリッキー

①ノンコノユメ



調教評価にも書きましたが、追い切り段階では、⑦コパノリッキーと①ノンコノユメの状態が良さそうなので、軸にするならこの2頭です。


パドックの状態を確認後、どちらかに絞ります。




○候補からは、思い切って⑬ホッコータルマエを軽視します。

調教の動きに集中力に欠ける面が見られたのが気になりました。昨年の唸るような動きと比較しても物足りませんでした。


また、昨年はペースが上がらず1分51秒台の決着となり、中央特有のスピードを問われなかったのですが、今年は、コーリンベリーの参戦など時計も速くなりそうです。


ホッコータルマエは基本的には地方の力のいる馬場に適正があるタイプだと思ってますので、状態に疑問が残る今回は軽視してみたいです。

人気も背負いますし、中途半端に押さえてもガミる可能性もありますからね。

来たら仕方ないです。




△グループからは、⑧ダノンリバティ、⑭ガンピット、⑩グレープブランデーの中から1~2頭選びます。(パドックから)


香港馬ガンピットですが、香港AWで7戦7勝と実績があり、侮れない存在です。

調教の動きも、若干前足の力強さに欠ける印象はありますが、スピード感のある動きで能力は高そうです。

最近、日本で実績を挙げてる香港馬なので押さえておいた方が良さそうです。


ダノンリバティは、前走の負けが不可解ですが、ダートではまだ、底を見せておらず、人気急降下の今回は穴で面白いと思います。


グレープブランデーは、7歳となり、さすがにスピードの衰えもありそうで厳しいかもですが、鞍上はR・ムーアですから、上手く流れに乗れれば3着あたりに残しても不思議ではないですね。




見解は以上になります。




応援よろしくお願いします。


競馬 ブログランキングへ


Twitterもやってます。

ブログには書かないこともつぶやいたりしてるので良かったらフォローお願いします。

こちらから↓

My Twitter