今週ラストは、オークストライアルのフローラSの追い切り診断です。

今年は、桜花賞1番人気だったメジャーエンブレムが、NHKマイルCに向かうということです。今のところ、オークスは、桜花賞1,2着馬が中心になりそうなので、この2頭を驚かす馬が
現れて欲しいところです。

 

フローラS 追い切り診断

 

調教評価(ランク分け)

A評価
⑪パールコード
⑭クィーンズベスト

B+評価
⑨フロンテアクイーン
③ビッシュ
②ゲッカコウ
⑱チェッキーノ

B評価
①バレエダンサー
⑦ファイアクリスタル
⑯クロコスミア

今年は、メンバーが揃った印象ですね。
ぜひオークスを走らせたい馬も何頭かおり、このレースだけではなく、オークスに向けても
注目のレースになると思います。

桜花賞の1,2着馬は、確かに能力は高いですが、マイルばかり走ってきた馬です。
(ジュエラーは1800mも経験あり)
距離が伸びて、あの切れ味を発揮出来るかは未知な面もありますので、フローラSの内容次第ではオークスでも楽しめる馬が出ると思います。

 

調教解説

パールコード
CW 52.2-38.2-12.1 2頭併せ/内/馬なり/先着
非常に大物感のある動きを見せましたね。雄大な馬体で、フットワークも柔らかく
バネがあります。ヴィクトワールピサ産駒らしくかなりの持続力があるのではないかと思います。
オークスでも勝ち負けを狙いそうな雰囲気がありますので、ここは勝ち負け必至なのではないでしょうか?
前々走も、新馬戦直後にも関わらず、皐月賞に出走したナムラシングン、ミッキーロケットと好勝負をしていましたし、キャリアを積んだ今なら牝馬同士なら能力上位の存在だと思います。
オークスが楽しみになるようなレースを期待したいですね。
 
 
クィーンズベスト
栗坂 51.8-37.9-24.8-12.7 2頭併せ/内/馬なり/先着
重心が全くブレずに、馬なりでグイグイ伸びていました。
状態はかなり良さそうですし、チューリップ賞の好走もフロックでは無さそうです。
力強いフットワークで、スピードに乗るのに時間がかかりそうなので距離は伸びた方がレースがしやすそうです。先行できる点も開幕週を考えると有利な点だと思います。最低でもオークスの権利は取りたいところでしょうね。大崩れは考えられません。
 
 
フロンテアクイーン
南W 52.0-37.9-12.7 2頭併せ/内/強め/先着
気性が激しく、折り合いが難しい馬が多いメイショウサムソン産駒ですが、
この馬は気性が素直で、折り合いも問題ないですね。
追ってからもスパッと切れますし、走りに安定感があります。東京コースは適正が高いと思います。
前走は、メジャーエンブレムのペースで速くなり、我慢比べになりましたが、中団からしっかり伸びて連対を確保しました。地味なタイプですが、自分の能力分はしっかり伸びてくる馬だと思います。
賞金的にオークスは出走出来そうですが、本番に向けても目処が立つ内容が欲しいでしょうから、再度好走する可能性も高いと思います。
 
 
ビッシュ
南W 70.5-54.8-40.5-12.8 単走/大外/馬なり
馬体減を考慮して、控えめな内容でしたが、ラチ沿いいっぱいを走っており、
負荷はしっかりかけられています。
小さな馬ですが、身がギュッと詰まった感じで非力感は見られません。
前走も、中山の最後の急坂のところで伸びているようにひ弱さは感じません。
2戦2勝と底を見せていないですし、2戦ともキレのある末脚を使って勝っていますので、
決めてはここでも驚異でしょう。好枠も引きましたし好勝負出来そうだと思います。
 
 
ゲッカコウ
美坂 55.0-40.6-26.9-13.3 単走/馬なり
使い込んでいるので、強い調教は必要ないと思いますので、時計は遅いですが問題はないです。
いつもは調教での動きは見栄えしないのですが、今回は気合乗りも良く、走る気満々でした。
使い込んでいますが、動きは柔らかく疲れも全く感じません。
キレはありませんが、長く脚を使うタイプでしぶとい馬です。
開幕週の東京ですから、キレを求められる展開になると苦戦するかもしれませんが、早めに仕掛けていける展開になればしぶとさが活きると思います。
 
 
チェッキーノ
南W 55.1-40.2-13.3 単走/馬なり
キンカメ産駒ですが、動きに硬さはなく、非常に柔らかい脚捌きです。
母父のサンデーが出ている印象ですね。
ただ、今回は調教が軽すぎるように思います。賞金は足りているとはいえ、重賞使う馬としては負荷が足らないと思います。藤沢厩舎の悪いところですね。素質は高いと思いますので、もっと調教で鍛えて欲しいところです。
大外枠になりましたし、人気になる分、中心にはしたくないですね。
 
 
バレエダンサー
南W 53.7-39.6-13.4 2頭併せ/内/一杯/先着
元気いっぱいの動きで、体調は良さそうです。
ハーツクライ産駒で窮屈そうな走りなので、距離は中距離の方が良いタイプですし、
中山よりも広い東京の方が走りやすいと思います。
まだ、キャリア2戦ですし、脚質的にも手探りなところもあるので、厳しいことは確かですが、好枠を引きましたので、ハナでも切ってスローペースにでも出来れば開幕週の馬場を利用して好走出来るかもしれません。
 
クロコスミア
栗坂 56.7-41.8-26.9-13.0 単走/終い強め
馬体の小さい馬なので、上がり重点の内容です。毎回調教の動きは良く見せる馬で、
脚力はある馬だと思います。
今週の動きも、追ってからのチップの舞い上がりかたからも蹴りの強さがうかがえました。
完歩の大きいフットワークなので、距離は中距離の方が良さそうです。
マイルでは追走でやっとのところも見られましたので、2000mで追走が楽になれば良い位置も取れそうだと思います。強い相手と戦ってきた経験を活かしての好走を期待したいです。
 
 
以上です。
 
 
私の本命候補は?
 
 
対抗候補は、クィーンズベストです。
 
穴候補は?