こんにちは。
 
本日は、今週行われるG1、3歳マイル王決定戦NHKマイルCの1週前追い切り情報です。
 
毎年のことですが、このレースはいろんな路線から参戦してくるので、能力の比較が
難しく、かなり難関なレースだと思います。
 
今年も、桜花賞からメジャーエンブレム、皐月賞からロードクエストとクラッシク路線からの
有力馬も参戦し、マイル路線組と比較で頭を悩ましそうです。
 
 

NHKマイルC1週前追い切り情報

アーバンキッド
捌きの軽いタイプではなく、どちらかといえばパワータイプ。
1週前の動きもパワーよりで、スピード感は感じませんでした。
タイプ的に、加速力を求められる東京は向いてないように思います。
ただ、前走では瞬発力勝負でも2着に来ており、状態次第では3着はありえるかもしれません。
 
 
イモータル
共同通信杯以来ということもあり、少し重たさを感じます。
しかし、坂路で気合をつけて追ってましたので、このひと追いで変わりそうな感じもあります。
完歩の大きい雄大なフットワークは見せていましたので、重めがなければ能力的にも上位の
存在でしょう。
ダービーでも穴馬になり得ると考えている馬で、東京の舞台は向いている一頭です。
 
 
ストーミーシー
NZTでは人気薄ながら2着に入りあっと言わせました。
1週前の動きは、力強いフットワークで芯のしっかりした走りで状態の良さはうかがえました。
ただ、気になるのは左回りの美浦坂路で逆手前気味に走っていた点です。
左回りは苦手ではないかと思えたので、東京では着を落とすと思います。
 
 
ダンツプリウス
非常に粘り強い走りが調教からも見えます。
いかにもブライアンズタイム産駒という走りです。頭も高く見栄えのするフットワークではないですが、実に粘り強く、最後までバテません。
蹴りも強いのでスピード勝負にも向くと思います。
使い詰めでもこれだけ元気に調教できるので相当タフな馬だと思います。
血統的に底力はあるので、地味ですが有力馬の一頭だと思います。
 
 
ティソーナ
ダイワメジャー産駒らしく、力強くバネのあるフットワークです。
雄大な走り方で見栄えします。
少し遊びに欠けるところがあるので、マイルは長いかもしれないですね。
1400からの1F延長への対応が上手く出来ればとは思いますが、現時点では厳しいような気がします。
 
 
トウショウドラフタ
頭は高い走りですが、フットワークは伸びますし、体をいっぱいに使って
スピード感のある動きです。脚力はかなり高いと思います。
前走もあっさり突き抜けたように、短距離での決め手と持続力を持った馬です。
ただ、頭が高い走方なので、1F伸びるマイルでは、競り負けそうな感じもします。
 
 
ブレイブスマッシュ
短距離路線に変更して持ち味が活きたと感じています。
1週前の動きも、躍動感が出てきて、柔らかい脚捌きも目立ちました。
前走は道悪でもありましたし、距離も1F短かったので、勝ち馬との差は着差ほど感じません。
前走からの上積みも大きそうなので、今回も面白い存在だと思います。
 
 
ロードクエスト
激戦だった皐月賞の後なので、3Fのみの時計でした。
しかし、動きは実に軽快で、伸縮に優れた脚の運びで躍動感があります。
皐月賞の激走の反動はないと思います。
その前走ですが、ゲートも出て外枠ながら内目の中団でレースを進めることが出来ました。
後方一辺倒だった今までに比べるとレース振りに幅が出たし、馬群を経験できたことでも
収穫はあった内容でした。
直線でも一瞬伸びかけたところもありました。伸びきれなかったのは距離の壁があったと思います。
スプリングS、皐月賞と一瞬の伸びは魅力があったので、左回りでマイルの距離ならば、
この馬のポテンシャルを最大限に発揮できそうです。能力は疑いようのない馬だと思います。
 
 
メジャーエンブレムに関しては、1週前調教の映像が無かったので確認出来ませんでした。
 
 
↓現時点での本命候補は↓
 
 
 
本日は以上です。