こんにちは。 たかぴ です。




本日は、予告どおり、今週末行われる2歳牝馬G1阪神ジュベナイルフィリーズの調教評価をします。


来年の桜花賞から始まる、牝馬クラシックに向けて実力を計るという意味では、大事な一戦になりますし、キャリアの浅い2歳馬同士の戦いですから能力比較も難しくなりますね。


そういう点では、自分の目で確認出来る調教やパドック映像は、普段に増してより重要な予想ファクターになりますので疎かにはしない方が良いですね。


調教やパドックは、見ても分からないからなぁと思う方も多いと思いますが、初めは分からなくても長い間見続けていくと段々と分かるようになりますよ。


前走との比較とか、こういうフォームは走る馬だとか、今日はチャカついているとか段々と分かってきます。


競馬は記憶のゲームとかよく言われますが、私もそう思います。

人間の脳は、凄くよく出来ていて、記憶することや比較することには長けています。

今は、JRA-VANがあればパドックや調教映像は遡って見れますから、暇な時とか見てみると良いと思います。



では、調教評価です。




A評価

メジャーエンブレム

ブランボヌール

ペルソナリテ



B+評価

クードラパン

アドマイヤリード

クロコスミア



B評価

キャンディバローズ

ペプチドサプル




メジャーエンブレム

厩舎関係者は、デビュー前からモノが違ったと言っているように、2歳牝馬離れのパワーを秘めている。

重戦車のようなパワフルな動きは、父のダイワメジャーを彷彿させる。

1枠2番が当たり、折り合い面の不安は減っただけに、勝ち負けは当然の器。

ただ、一つ不安があるとすれば、厩舎に調教パートナーがいないことで、勝負根性やズルさがでないようにする注意が必要かも。



ブランボヌール

ディープ産駒にしては、珍しいパワータイプの馬。

北海道の洋芝で強い内容を見せたように、前走の京都のような上がり33秒台の脚が必要なレースは、あまり得意なタイプでは無さそう。

今週の動きも、坂路で迫力のある動きをしており、ひと叩きされ状態は一変している。

前走で折り合い面の成長が見られたのは収穫があっただけに、ここは好結果が期待できる。



ペルソナリテ

仕上がり早いタイプで、完成度は高い。

調教の動きも前足の掻き込みが強くてフットワークの回転も速いスピード感のある動きで状態も良さそう。

前走は、道悪に加え、終始外を回され厳しいレースになった割には2着馬とは差は無かった。

間隔を開けたのは正解で、馬が走りたい気満々に見える。穴馬筆頭はこの馬か。



クードラパン

ダイワメジャー産駒らしく、動きは力強いが、切れる脚は無さそうなだけに入着タイプかもしれない。



クロコスミア

フットワーク等は素質感じるし、先々走りそうな馬であるが、現段階では、まだ馬体に幅がなく線が細すぎる。



アドマイヤリード

デビュー戦でシルバーステートを負かしているように素質は相当高い。

こちらも馬体が小さく、パワーという点では見劣りするが、線が細いことはない。

父のステイゴールドに似た馬体で、それが良い方向に出ている。同級の先輩ブエナビスタも、2歳時はこんな感じだった。一発を期待できる馬。



キャンディバローズ

ディープ産駒らしくバネのあるフットワークで、如何にも切れる脚を使いそうな馬。

ただ、この馬も馬体の線が細く、維持するのを目的においた調教内容でG1を勝つには負荷が足らないように思える。

前走のパドックでも、チャカチャカしており、まだまだ幼い馬。

坂のある阪神より、平坦の京都の方が現時点では向いていると思え、人気だが少し評価を割引きたい。




本日は以上です。



ランキング参加中です。 応援よろしくお願いします。


競馬 ブログランキングへ


Twitterもやってます。

ブログには書かないこともつぶやいたりしてるので良かったらフォローお願いします。

こちらから↓

My Twitter