こんばんは。
 
今週のNHKマイルCですが、このレースには牡牝のクラシック路線から強い馬が
1頭ずつ出走してきます。
桜花賞から参戦のメジャーエンブレムと、
皐月賞から参戦のロードクエストです。
 
今年は、マイル路線の馬がピリッとしない年でもありますので、この2頭は人気も
かなり集めると思います。
 
そこで、本日は最終追い切り前の時点での2頭についての見解を書いてみます。
 
 
まず初めにこの馬は、本質的にはスプリンターだと思います。
筋肉量の多いパワフルな馬体もそうですし、遊びの少ないスピードに特化した
走方、追い出しての加速力に欠ける点を考慮してもマイラーというより、
マイル以下が本質の馬だと思います。
レースのラスト1Fでラップが急激に落ちる点もそれを象徴しているように思います。
 
しかし、3歳の若い時期はスピードの絶対値の違いでそれ以上の距離でも好走することは
可能です。
 
ただ、本質は変わらないので、脚を溜めての加速力を期待しても無駄です。
そういう意味で桜花賞は残念な騎乗だったと言わざるを得ません。
 
今回も、好走の条件は自分のペースでレースを運ぶことだと思います。
 
ただ、今回は牡馬相手のレースになりますし、逃げたい馬やスピードがある馬が
今まで以上に多いのも確かです。
そのような状況で前に行けるかは未知数ですし、桜花賞と同じような展開になっても
不思議ではないと思っています。
 
また、この馬はサンデーレーシング所属ですが、入厩した厩舎や桜花賞参戦までの
ローテーションを考えてもクラブ的にはそこまで期待していなかった可能性もあります。
おそらく育成段階からスピードに特化しすぎたタイプでクラシック路線を勝ち切る伸びしろは
感じてなかったのかもしれません。
 
ただ、クイーンCの走りを見てもそのスピード能力は一級品のものがありますので、
オークスとの天秤にかけた時、ノーザンF産の有力馬が少ないNHKマイルを取りに行く
方向でまとまったのだと思います。
 
ですから、一応予定外のローテーションになりますので、仕上がり面には注意が必要でしょう。
今回は、ノーザンF天栄を経由してなく、厩舎での調整になります。
実績に乏しい厩舎ですのでしっかり仕上げられるがカギでしょう。
 
 
 

ロードクエストについて

一方のロードクエストはどうでしょうか?
 
マイルと左回りの実績は馬なりで圧勝した新潟2歳Sからも問題ありません。
 
この馬を語るとき、よく戦ってきた相手に恵まれただけとか言う人もいますが、
それはこの馬の能力には全く関係ありません。
 
0.1秒を争う競馬の世界で、相手がどうであれ4馬身も楽々と離すことは、能力以外の
何ものでもありません。
それが、頭差とかやっと勝ったとかいうレベルなら別ですが。
あれだけ着差をつけれることは簡単にはできないことです。
 
では、それ以降の成績はということになるかもしれません。
 
おそらく、厩舎も池添騎手もスプリングSが終わった段階で距離に対する不安があったのだと
思います。
そのスプリングSですが、大外を回ったとはいえ、池添騎手には差し切れる手応えがあったと
思います。だからゴール前もステッキを使わなかったのだと思います。
実際に坂下までの反応と脚は目立つものがありました。
 
でも勝ちきれなかった。
 
それで皐月賞です。池添騎手はスタートに集中してましたし、その結果いつになく好スタートを切れています。
 
しかし、そこから強引に内を取りに行ってます。距離適性的に外を通っては勝負に
ならないとの判断があったとしか思えないポジション取りでした。
 
そして終始内を通っています。
最後の直線も内から追い出していますし、一瞬伸びかけた感じもありました。
しかし、最後は伸び切れず止まっています。
 
そこで、この馬はマイルがベストと判断し、皐月賞後の状態を確認しNHKマイルCへの
出走をすぐに明言したのだと思います。
 
そう考えると、メジャーエンブレムとは臨戦過程においてアドバンテージがありそうですし、
皐月賞の激走後でも1週前に時計を出せたことでも体制は整っているように思います。
 
ただ、こちらも実績が優れている厩舎ではないので、最終追い切りは入念に確認することは
必要ですけどね。
ただ、1週前の調教の動きは好感が持てたのは確かです。

NHKマイルC1週前追い切り


 
 
 
今回は、NHKマイルCの有力馬の2頭についての見解を書いてみました。
明日には最終追い切りの動きも確認出来ると思いますので、しっかり診断したいと
思います。
 
 
本日は以上です。