こんにちは。

今週は、古馬牝馬のマイルG1ヴィクトリアマイルが行われます。
本日は、そのヴィクトリアマイルの1週前追い切りについて書こうかと思います。

このヴィクトリアマイルというレースは、距離がマイルで、春シーズン唯一の古馬牝馬のG1ということで、牝馬の有力どころが一斉に集まります。
そこには、マイラーもいれば、スプリンターや中距離馬もいます。

そうなると、レースの流れによって好走できる馬が限定されてきます。
しかし、そのレースの流れは、ゲートが開いてみないと分かりませんし、
年ごとに変わって、これといった傾向があるわけでもないです。

ですから、二桁人気の馬が平気で絡むことも多いし、逆にかなりの人気馬が平気で圏外に
消えることも多いレースです。

昨年は、中距離馬のヌーヴォレコルトが人気に応えられず、二桁人気馬2頭が絡み、
3連単2000万の超高配当がつきました。

過去には、アパパネやカワカミプリンセスが人気を裏切ることもあったように、断然人気の馬も平気で圏外に凡走するので、馬券的には難しいレースですね。

 

では、1週前追い切り情報に行きます。

ヴィクトリアマイル1週前追い切り情報

マジックタイム
充実感が凄いです。
牡馬相手のダービー卿Cを上がり最速で勝ち切った力は本物でしょう。
ハーツクライ産駒で非常にパワフルなフットワークです。追い出してからの躍動感も
抜群で状態は更に上昇中のように感じます。
雄大なフットワークからも、東京にコースが変わるのは歓迎です。
先週のメジャーエンブレムで、ようやく今年初のG1勝ちとなったノーザンF生産馬ですが、
このマジックタイムでサンデーレーシングはG1連勝を計算している可能性もあります。
それくらいの充実度はあると思います。
後は、今回の来日ではあまり乗れていない印象のあるボウマンがどれだけ奮起できるかでしょう。
 
 
スマートレイアー
迫力満点の走り。この春3戦目で一番良い状態に仕上がりそうです。
今年に入り、先行策に脚質転換が実り、重賞連勝中です。
元々がフットワークが大きく躍動感のある走りで、持続力が長所のタイプでしたので、
早めに仕掛けてもバテない先行策はこの馬に合っていると思っていました。
脚捌き的には柔らかいタイプではなく、硬くはないですがパワータイプなので、
距離はマイル前後が良いと思います。
今回も先行策から、持ち前の持続力を東京の直線500mでフルに発揮出来れば、
待望のG1勝利も可能だと見ています。
 
 
ミッキークイーン
CWで、先週の新潟大賞典に出走したサトノラーゼンらと5頭併せ。
最内でしたが、反応は早く、悠々と先着しました。
ただ、まだ上半身を使えてなく、頭が高い走りでしたので、少し重さも感じました。
このひと追いで変わってくると思いますので、今週の追い切りには注目です。
いつものように、体全体を使ったバネのあるフットワークで走れたら合格でしょう。
前走の阪神牝馬Sでマイルを走ってますので、今回はペースに戸惑うこともないでしょう。
その前走は直線あえて外に出さず、馬群に突っ込ました分、脚を余す格好にはなりました。
しかし、マイルでの脚を計るという面では収穫が有ったレースでした。
東京なら、前走の差は逆転出来るのではないかと思います。
 
 
ショウナンパンドラ
坂路での動きは、脚の回転が抜群に速く、躍動感のある走りでした。
若干もたれたのは1週前なので問題ないです。
昨年は、大きく飛躍した1頭ですが、今年は安定して強さを発揮できる馬だと思っています。
前走の大阪杯でも、スローペースの中、外を回って上がり最速の3着ですから、
一番強い競馬をしたのはショウナンパンドラでした。
しかし、今回は距離がマイルです。個人的にはこの距離には使って欲しくなかったのが本音です。
距離が伸びて結果を出してきた馬ですから、2000m以上が主戦場だと思います。
加速力、持続力が高いレベルの同馬ですが、マイルでは瞬発力も必要になってきます。
ミッキークイーンは、前走でマイルを使い距離に慣れさせましたが、
ショウナンパンドラは中距離の大阪杯から始動しました。
やはりマイルでは追走に戸惑うと思いますし、道中はゆったり走らせたいタイプです。
昨年も8着に負けているように今年も苦戦すると思います。
ただ、スローペースになり追走が楽になれば脚力が違いますから勝ち負けまで可能です。
スマートレイアーとレッツゴードンキのペースでしょうから、ペースは緩くなるかもしれません。
 
 
ウキヨノカゼ
力強いフットワークで、この中ならパワーでは1、2を争う馬だと思います。
それだけに、前走の高松宮記念の高速馬場は、この馬には完全に不向きでした。
しかも、前半32.7のペースで追走に戸惑い、離れた再後方からの競馬で、
直線は何故か大外に出すも、そこからまた立て直し馬場のまん中に進路を取り直す
不可解な競馬でした。しかも最後は行き場を無くすという目茶苦茶なレースでした。
あれで1秒差の13着なら負けても強さは見せたと思っています。
この馬は、基本的にはマイルは問題ない馬だと思っていて、むしろマイルの方が良いとすら
思っています。1200mの短距離を使っているのは、気性の問題が大きいのでしょう。
昨年はパドックでもイレ込みが目立ちました。レース前に消耗が激しい馬だったので1200m
の距離を使っていたのも理由の1つでしょう。しかし、今年の2戦はイレ込みが見られませんでした。
気性の成長を感じたので、今は追走に苦労する短距離よりも、ゆったり行けるマイルくらいの方がいいのかなと。3歳時はマイルで好走して、フェアリーS2着とクイーンC勝ちの実績があります。
人気はないでしょうが、絶対に無視は出来ない馬だと思います。
 
 
以上です。
 
 
現時点での本命候補は?↓
 
 
また、軸には危険だと思う人気馬は?↓

 
 
本日は以上です。