こんにちは。

今週は、牝馬クラシック第2弾優駿牝馬オークスです。
本日は、そのオークスの1週前追い切りの情報を書きたいと思います。

今年のオークスは、桜花賞の上位4頭の内、2頭が出走しないことになりました。
毎年、桜花賞組が中心となるレースですが、今年は別路線組にも注意しなければいけないと
思います。

 

そして、先週からBコースに変わった東京の馬場ですが、先週は芝は長めに刈られていたと
思います。若干力の要る馬場かなと。
内も伸びないことはないですが、一番伸びるのは馬場の4分どころでしたね。
ヴィクトリアマイルでショウナンパンドラが通って来たあたりが伸びていました。
時計が速かったのは、レッドリヴェール(社台グループ)の無謀なペース配分によるものです。

ただ、芝が長めだったということは、今後色々と修正可能ということなので、オークス、
ダービーとそれぞれの週毎に確認する必要があると思います。

 

オークス1週前追い切り

シンハライト
素晴らしい動きですね。調子が良かった桜花賞よりも更に良化しています。
ゆったりした完歩の大きなフットワークから、追われると体がグッと沈み伸びます。
非常にバネがある走りでどこまでも伸びていきそうな雰囲気があります。
人気は確実ですが、1週前の段階では逆らえそうにないですね。
前走は、勝ちを意識していつもより若干前目の位置取りだった分、ジュエラーの強襲に
屈した感がありますが、この馬自身も外目を動いて行ってのもので自力の高さは十二分に
証明しています。
東京に変わり、直線が長くなる分じっくり構えることができますし、先週のBコース変わりで
外が伸びる馬場になっていますので、ここは負けられないと思います。
 
 
エンジェルフェイス
7Fからの長めの追い切りで運動量豊富で1週前からしっかり負荷をかけています。
キンカメ産駒らしく、筋骨隆々で迫力ある馬体をしています。
その分、速い脚に欠ける面もあります。追わせて長く脚を使って勝負するタイプですね。
ですから、フラワーCのように逃げて持続力で勝負する展開なら面白いと思います。
3歳戦は、瞬発力が大事なところがありますので、勝ち切るまでの脚は微妙な馬ですが、
2、3着の馬券内で考えると外せない馬ですし、それだけの状態にあると思います。
 
 
キンショーユキヒメ
元気一杯で状態の良さが目立ちます。
脚の運びが速く、躍動感とスピード感があるフットワークで駆け抜けていました。
元々、スタミナがありそうな走りでオークスで面白そうな馬だと感じていたので
穴として非常に魅力あります。
前走も、スタミナを活かした早めの仕掛けで後続をちぎったように、他馬と比べ
2400mの距離で有利に立ち回れる馬だと思います。
今のところ抽選対象馬なので、何とか通ってもらいたいですね。
 
 
ロッテンマイヤー
道中はがっちり押さえられて少し行きたがる面もありましたが、
しっかり我慢できていました。2400mの距離を考えると折り合い面の心配は
ないので良さそうです。
追ってからは、回転の速いフットワークでスピード感がありました。
ただ、まだ首や上半身が使えてなく、脚力だけに頼る走り方なので、2400mの追い比べ
になると現代階では伸び負けしそうな気がします。
 
 
フロンティアクイーン
ひと叩きして、グンと素軽さが出てきました。
前走時の動きの硬さは解消し、柔らかいフットワークでしたし、
追われてスッと反応していました。
前走時に比べると状態は急上昇していると思います。
フローラSは、少し前目の位置取りから脚を計るような乗り方でしたので、
上積みを考えれば勝ち馬のチェッキーノとの差は縮まっても良いと思います。
 
 
ゲッカコウ
堅実に走る馬で、状態の安定感があります。
前走時から、調教でも柔らかい動きを見せるようになっており、状態は
高いレベルで安定していると思います。
後は、他馬との力関係だけでしょう。少しスケール感に欠ける面もありますので、
G1でどうかという疑問もありますが、堅実性は3歳牝馬では大きな武器に成り得ます。
前走は、スタートで後手を踏んだのが全てでしょう。速い上がりを使えるタイプではないので
位置取り的に厳しいレースになりました。
人気はないと思いますが、穴で狙える馬だとは思います。
 
 
本日は以上です。