こんにちは。

さあ今週は競馬の祭典、日本ダービーです。
今年のメンバーは史上最強と言っても過言ではないくらい素晴らしいメンバーが揃いましたので、相当な盛り上がりを見せそうですね。
レースが待ちきれません。

本日は、その日本ダービーの1週前追い切りの第一弾として、前走皐月賞組の有力馬の
1週前追い切りの見解をします。

 

ダービー1週前追い切り(前走皐月賞組)

ディーマジェスティ
皐月賞馬に輝いた馬です。ダービーは皐月賞組が中心でしょうから当然注目される存在です。
先週の動きですが、良くもなく悪くもなくといった感じですね。
抜群の反応の良さで、瞬発力を感じた皐月賞前に比べたら重たさを感じる動きでした。
フォームにはバネがあって、やはり走る馬だなという印象ですが反応は悪かったです。
 
また、1つ気になる点があって、それは中間の時計の本数が少ないのではないかという点です。
5月初旬から先々週までの間に時計を出してない期間があります。
皐月賞の疲れが抜けきれてなかったのか、何か頓挫があったのかは不明ですが気になります。
 
ダービーを勝つには、皐月賞後の成長力が重要です。それには調教でしっかり運動量を課して
鍛えていることが大事になります。そういう点でもこの中間過程には不安があります。
先週の動きに重たさを感じたのも、それが原因で調整が遅れている可能性もありそうです。
 
 
 
マカヒキ
順調に調整されています。皐月賞後もCW、坂路でしっかり時計を出していますし、
ここ2週はCWで長めを追い切り、運動量をこなしています。
 
皐月賞時は、ビシビシ強めに追って攻めに攻めてましたが、この中間はゆったりとソフトに運動量重視で調教を行っています。
しかし、フットワークや追い出しての反応や伸びは相変わらず素晴らしいです。
先週の仕掛けてからのラスト1Fの瞬発力は凄みがありました。
 
加速力、持続力、瞬発力と全てトップレベルの域にある馬だと思いますし、後は東京2400mを走りきる持久力とスタミナをつけるべく長めの距離で調教をこなしています。
難点としてはスタートが遅いことですが、こればっかりはここでどうにかなる問題でもないのでね。
 
この中間も外厩に出されていません。若駒S以降自厩舎での調整になっています。
近年の傾向としては微妙ではありますが、調教の動きなどを見ても何も不安はないので問題ないと思います。
この馬は、ノーザンF産ではありますが、管理は完全に金子HD主体ということでしょう。
中心候補の1頭であることは揺るぎないです。今週の動きが楽しみです。
 
 
 
サトノダイヤモンド
相変わらず動きのスケールは大きいですね。
追って沈み込むフォームや、完歩の大きな雄大なフットワークは見てて惚れ惚れします。
 
皐月賞前にノーザンFしがらきに出されていたので、この中間は自厩舎での調整のようです。
2週前、先週とCWで長めから追い切られていますので、持久力をしっかり鍛えられています。
スピードに乗ってからの加速力と持続力は素晴らしいものがありますが、1つ問題点を挙げれば、初速が遅い点です。反応は速いのですが、スピードに乗るまでに少し時間がかかります。
現時点では瞬発力に劣る面がありますね。
そういう点を考えれば、勝ちきれるとは言いにくいところもありますね。
 
スタートは抜群に速く、天性のスタートセンスの持ち主です。
位置取り争いでも無駄な脚を使うことはないでしょう。
勝ち切るには、好位を確保して早めに追い出せば持続力で完封できる可能性も高くなると思います。
 
ただ、ルメール騎手は道中は武豊騎手を見てレースを進めることが多いので、エアスピネルの位置取りが後ろになった場合には心配ですね。
 
皐月賞で受けた不利はこの馬には応えたと思っています。あれが無ければもっと際どい2着争いだったはずです。
距離、コース共に条件的には皐月賞より好転しますので、勝ち負けは必至の馬だと思います。
 
 
 
エアスピネル
この中間は坂路で瞬発力、加速力の強化を図っています。
皐月賞前はCWで運動量をこなしスタミナ強化をしていましたが、成長などもあり馬体や走法がマイラー一辺倒ではなくなってきました。
ですから、この中間はこの馬の長所である瞬発力を更に伸ばすべく坂路で鍛えているのでしょう。
 
3歳の時期は、古馬に比べてレースでの瞬発力が重要な要素を占めることが多いです。
1F抜群に速い脚を使えるだけでかなりのアドバンテージになります。
そういう面で、エアスピネルは世代トップの脚をもっている馬です。
後は、抜け出す時に使った脚の持続力と、折り合いの勝負になると思います。
この2つがかみ合えば、ダービーでも好走することは充分可能だと思います。
 
 
 
リオンディーズ
皐月賞後は、徹底して折り合いを課題にした調教内容を行っている印象です。
前走の反省があってのことだと思います。
 
2週前、先週と3頭併せで、前の2頭を後ろから追いかける追い切りを行っていました。
おそらく今回は後方からの競馬を想定していると思います。前に馬を置いてしっかり折り合いを覚えさせる意図が見えます。
 
動きの方は、追い出してからの動きの柔らかさと柔軟なフットワークは健在でした。
調子自体は問題なく良好だと思います。
ただ、問題は気性面でしょう。兄のエピファネイアもそうでしたが、この血統は折り合いが難しい馬が多いです。
リオンディーズは、父がキンカメに変わり筋肉質の体型ですし、歩様には硬さもある馬ですので、距離の融通性はエピファネイアより低いと思います。
ですから折り合いは非常に大事だと思いますね。今回は朝日杯の時のように思い切って後方からの競馬を行う可能性も頭の中には入れておきたいところです。
 
 
以上です。
 
 
ダービーで単勝を買いたい馬は?↓
 
 
穴として馬券を買いたい馬は?↓
にほんブログ村 競馬ブログへ