おはようございます。

本日は、昨日の続きで、ダービー1週前追い切り情報の第2弾です。

前回は、皐月賞組の1週前追い切りの見解を書きました。

その記事はこちら↓

[日本ダービー2016]1週前追い切り①


本日は、別路線組の1週前追い切りの見解をします。

 

ダービー1週前追い切り(別路線組)

スマートオーディン
前走から間隔は詰まっていますが、先週にはしっかり時計を出せていますし、
体調はすこぶる良さそうです。
先週はCWで追い切られています。道中は抑えきれないほどの絶好の手応えでした。
ラスト1Fで軽く仕掛けられますが、反応が凄くて一瞬で並走馬を抜き去りました。
1Fの脚、瞬発力ではこのメンバーでも一番だと思います。
 
坂路とCW併用で鍛えられているので、加速力、持久力ともについてきています。
馬体も筋肉量が増えて、2歳時とは別馬のようになってきています。
マイラーという意見もありますが、ただのマイラーなら毎日杯や京都新聞杯のような脚は
使えないと思います。抜け出してから差を広げないのはモタレ癖があるからだと思います。
気性的に幼さが残っておりソラを使う面もありそうです。
ただ、ドゥラメンテのように爆発的に脚を使える馬はそういう面があるものです。
 
後は、折り合いでしょうね。かからなければ勝てる馬だと思います。
戸崎騎手も先週のチェッキーノのような競馬をして欲しいですね。
そうすれば勝てる確率は高いと思います。
 
 
 
ヴァンキッシュラン
まさかダービーの有力馬になるまでになるとは予想外でした。
この馬は、スケールは非常に大きいですが、成長途上の面があったので、
活躍は秋以降になるのではないかと思っていました。
まだ能力に馬体が追い付いてないところもあるので、追われてモタれたり、歩様に硬さがあったりします。
 
先週の動きを見ても、かなり素軽さが出てきていますし、成長力に驚く限りです。
これから馬体に身が入ってきて、歩様の硬さもなくなってくれば更に強くなると思います。
初速が遅いので、瞬発力を必要とする展開になると苦しいですが、前走のように持久力を問われる展開なら相当な脚を使うと思います。
持続力に関しては、サトノダイヤモンドとも遜色ないものを持っているのではないかと思います。
 
追わせるタイプなので、内田騎手とはかなり手が合うと思いますので、ダービーも楽しみがある馬です。
 
 
 
レッドエルディスト
今回のメンバーに入ると地味な存在ですが、終いの脚には魅力がある馬です。
先週は坂路で単走追いでしたが、しっかり時計も出せていますし、終いも加速ラップで上がっていましたので、状態はしっかり好調を維持していると思います。
 
ゼンノロブロイ産駒ですので、使える脚は長くはないと思いますので、理想は前走のように持久力を問われる流れになって欲しいのではないかと思います。
走法からも、フットワークにはバネがあり、切れる脚を使えそうなのですが、上半身を使えてない走り方なので、やはり長くは脚はもたないと思いますね。
今年のメンバーでは、展開が向くことが好走の条件になりそうです。
 
 
 
アジュールローズ
スケールの大きな走りが特徴的で秘めたる素質は高いと思います。
先週は、レース間隔が詰まっているので軽めの内容でしたが、大きなフットワークで
ノビノビとした走りが印象的でした。
 
ヴィクトワールピサ産駒らしく持続力が高く、レースではスッと先行できる器用な面もあります。
今年は、差し馬に有力馬が多いので、後ろで牽制する流れになった場合には、この馬の立ち回りの上手さと持続力が活きることがあっても不思議ないですね。不気味な1頭です。
 
 
 
プロディガルサン
先週は3頭併せでしっかり追い切れていますし、今までとは違い順調に調整されています。
フットワークに伸びがありましたし、バネのある動きで好感が持てました。
他の2頭が一杯に追う中、この馬は軽く仕掛けて並びかけたので、一度使って反応の速さも出てきました。
兄にラングレーやリアルスティールがいるように、基本的には奥手の血統かなと思います。
素質は高いのですが、本格化するのは古馬になってからではないかと感じています。
さすがに今年のメンバーでは厳しいのではないかと思いますね。
 
しかし、金子HDは凄いなぁ。メンバーが揃った今年のダービーに出走馬4頭ですからね。

本当に頭が下がります。2大種牡馬のディープ、キンカメも金子HDでしたしね。
 
 
以上です。
 
ダービーの本命候補は?
 
 
穴馬で面白い馬は?
にほんブログ村 競馬ブログへ