おはようございます。

本日は、ダービーがメインですが、最終レースにはG2の目黒記念が行われます。
メンバーもそこそこ揃いましたので、今後に向けて注目度は高いと思います。

今回は、その目黒記念の追い切り診断を行います。

 

目黒記念 追い切り診断

ダービーの2400mと100mしか変わりませんが、東京2500mはよりスタミナが問われます。
この条件で走れた馬は、中距離路線でも安定して走れるだけの能力はあると思っても良いですね。

今年は、有力馬に牝馬が2頭います。
ヴィクトリアマイルには目もくれずこの条件に出走してきましたので、勝負気配は高いと
思いますし、ここで好走しようものならメンバーが手薄になりそうな宝塚記念でもチャンスが出てきそうですね。

調教評価(ランク分け)

A評価
⑤モンドインテロ

B+評価
③レコンダイト
⑯タッチングスピーチ
⑮クリプトグラム
⑭タマモベストプレイ

B評価
⑥マリアライト
⑪クリールカイザー
⑬スーパームーン

調教解説

モンドインテロ
南W 69.7-53.6-38.6-13.0 2頭併せ/外/強め/先着
充実してきました。
ディープ産駒ですが、動きはパワフルで力強いタイプです。母父のブライアンズタイムの
影響が強く出ているように感じます。馬体も胴が短めでギュッと凝縮されたような感じで
そこもブライアンズタイムの影響が出ています。
今週の動きは、ビッシリとは追ってませんが、並走馬を抜き去る時に迫力を感じました。
切れる脚よりは、長く脚を使うタイプで東京の2500mに対する適正は高いと思います。
まだキャリアは浅いですが、秋以降の活躍に向けてここは結果を出しておきたいと陣営も考えていると思います。
 
 
 
レコンダイト
栗坂 51.6-38.1-25.3-12.8 2頭併せ/外/強め/先着
この春3戦目ですが、状態は一番良くなっていると思います。
坂路を迫力あるフットワークで駆け上がってきました。
前走は、2頭が大逃げを打つ展開で追い上げでラップが速くなる消耗戦になってしまいました。
外枠で終始外を通ることになり最後は脚がなくなりましたね。
昨年の2着馬なので、この条件は向いている馬ですし、東京では前走のような変な流れにはならないと思います。
好枠も引きましたし、今のデキなら巻き返しは十分可能だと思います。
 
 
 
タッチングスピーチ
栗坂 53.1-38.9-25.6-12.9 2頭併せ/内/強め/先着
ヴィクトリアマイルには目もくれず、中距離路線を歩みました。
ここ2走は牡馬の一線級を相手に戦っていますし、それが徐々に自力強化に繋がっています。
坂路での動きも、昨年までのひ弱さがなくなってきて、力強さが出てきています。
この馬は、ジェンティルドンナやショウナンパンドラのような走るディープ産駒の牝馬と同じく、切れ味だけではなくパワフルで力強いフットワークをします。
昨年との動きの変わり具合からも成長力もあると思いますし、今後は牡馬と混じっても好勝負出来るようになるのではないかと感じています。
55キロは少し課せられた感はありますが、ハンデキャッパーもそれだけこの馬に能力を感じている証拠だと思います。
この相手なら、ある程度の結果は残しておきたいのではないかと思います。
 
 
 
クリプトグラム
CW 82.1-65.3-50.8-37.8-12.6 2頭併せ/内/馬なり/同入
急激に力を付けて来ています。
前走も、大逃げ馬により変な流れになったにも関わらず、しっかり伸びて勝ち切りました。
1000万勝ちからの格上挑戦、しかも特有の流れで勝ち切るのですから自力の高さは示しました。
今週の動きは、並走馬に隠れてじゅうぶんに見れなかったですが、しっかり調教は出来ており
デキに関しては問題なさそうです。
今回は重賞挑戦になります。結果次第では秋以降が楽しみになるでしょうからレース内容には
注目しておきたいと思います。
 
 
 
マリアライト
南W 83.1-67.7-52.9-39.6-12.8 単走/強め
いつも通りの動きで順調に調整されています。
この馬は、調教では軽い走りでフットワークに力強さを感じない馬です。
タイプ的には、持続力より瞬発力に優れたタイプだと思います。ですから調教の評価は
毎回高くはならないのですが、それでもしっかり結果は出しているので全く問題ではないです。
タイプ的に、速い上がり勝負では脚負けしそうなので、上がりが適度にかかる舞台の方が走れると思います。
そういう面で東京に変わってどうかという不安も少しあります。
ただ、東京2500mはスローにはなりにくいコースなので、その点では良い条件だと思います。
この後のローテンブルクはわかりませんが、ここで好走出来るなら宝塚記念はより条件が良くなるので楽しみが出てきます。実績的にも外せない馬ですね。
 
 
 
クリールカイザー
美坂 53.1-39.4-26.3-13.0 単走/強め
長期休養明けを叩かれて、だいぶ元気の良さが出てきました。
前走は逃げましたが、大敗はしませんでしたので、次に繋がる内容だったと思います。
今週の坂路での動きも、推進力が出てきたように見えましたし、前走よりもデキは良いと思います。
先行力のある馬ですから、展開次第では残り目も考えておいた方が良いように思います。
 
 
 
スーパームーン
南W 54.9-40.0-13.1 2頭併せ/内/馬なり/同入
藤沢厩舎なので、ジャングルクルーズと併せて軽めの内容に終始しました。
フットワークはしなやかで柔らかく、体調は良さそうです。
この馬は、捌きが軽く力強さに欠ける走り方なので、使える脚は短いタイプです。
ですから、重賞クラスでは東京より中山タイプだと思っています。
調教での負荷のかけ具合からも、東京の直線では追い負けする可能性が高いです。
デムーロ騎乗なので、末脚を上手く持続させるかもしれませんが、それでもやはり不安の方が大きいです。一度叩いてからでしょうね。

 

 

以上です。