おはようございます。

本日は、安田記念の1週前追い切りについて書きます。
今年は、絶対王者モーリスの出走で、敵わないと判断した陣営が多く、
出走頭数も少なくなりそうです(今のところ13頭予定)

ここまでの少頭数になるG1は最近では珍しく、モーリスの偉大さを物語っていますね。

では、1週前追い切り情報です。

 

安田記念1週前追い切り

まず、絶対王者のモーリスですが、香港のチャンピオンズマイル制覇後は、
検疫→東京競馬場のスケジュールのようで、厩舎にも外厩施設にも戻ってません。

その状況では満足な調教は行えていないのは明白です。
今回は、万全の状態では出走出来ないと思います。

しかし、昨年のマイルCSも半年に間隔が空いても勝利してますし、
巷では香港チャンピオンズマイル時の状態も決して良くはなかったと言われています。

陣営としても、宝塚記念との天秤にかけての出走だったようで、本音としてはしっかり
調整できる宝塚記念に出走したかったみたいですね。

ただ、モーリスを回避して登録馬が少なくなったため、施工者のJRAとしては、
出走してもらわないと困る状況になったのではないかと思います。

こういう状況から、おそらくモーリスは8割程度のデキでの出走になりそうです。
しかし、能力は突出していますので、その状態でも勝ち負けしてしまうと思います。
ただ、虎視眈々と下剋上を狙っている陣営からしたらノーチャンスではないと思いますね。

 

それでは、打倒モーリスで挑む他馬の1週前追い切りの様子です。

 
リアルスティール
ドバイ遠征後は、ノーザンFしがらきに出され調整されています。
帰厩後は、日曜に坂路、水曜にCWコースと併用パターンで調教されています。
歩様に硬いところがある馬なので、CWで運動量を課すことは今後の成長過程においても
好感が持てます。
距離的にも、まだ上半身の使い方が甘く、硬さもある馬なので2000m以下がベストだと思います。
基本的には奥手の血統と思いますので、これから益々強くなっていく馬だと見ています。
1週前の動きは、追われてエンジンがかかるとグイグイ伸びていました。
遠征の疲れは全く感じさせませんので、勝ち負け必至の状態で出走してくるのは間違いないでしょう。
モーリスは、遠征後の調整が不規則なので、ここは勝つチャンスは大いにあると思います。
 
 
イスラボニータ
前走後は、山元TCに出されて調整され帰厩しています。
前走の大阪杯から調教での動きが好調時の感じに戻りつつありました。
1週前の動きも、躍動感が出て、動きが力強くなってきています。
デキはますます上向き傾向だと思います。
2000m以上になってくると、最後脚がもたない場面を見せるようになってきているので、
今はマイルあたりが一番良いと思います。
ベスト条件の左回りのマイル戦なら上位が期待出来ると思います。
 
 
ダノンシャーク
引退も考えられてた馬ですが、前走は見事復活劇を演じG1に出走してきました。
ここ数走は、動きに軽快さがなく、迫力不足でしたが、1週前の動きは好調時のような
軽快なフットワークでバネのある動きを見せていました。
徐々に状態は上向いており、一時の不振は脱出している感じです。
安田記念3着、マイルCS1着の実績馬なので、年齢はギリギリ感がありますが
侮れない存在だと思います。
 
 
フィエロ
中間は、坂路主体の調教内容です。
なかなか勝ちきれないタイプの馬ですので、坂路で加速力を強化することは
良い方に出るのではないでしょうか。
前走は、デムーロ騎手の騎乗停止によって、鮫島騎手に乗り替わりましたが、
大外を回す雑な競馬で4着に敗れました。
余裕残しの造りでしたが、それでも馬券内を外してはいけないメンバーだったと思います。
今回はルメール騎手が初騎乗しますが、長く脚を使わせる騎乗スタイルは
この馬には合っていると思います。
藤原英厩舎の叩き2戦目の良績を考えれば、今回はメイチに仕上げてくると思いますので、
馬券には必要な馬だと思います。
 
 
ロゴタイプ
前走は、押し切っても良いメンバーでしたが、いつものようにラスト1Fで脚が止まりました。
使える脚が短い馬なので、非常に乗り難しい馬です。
1週前の動きは、回転の速いフットワークで軽快さ抜群でした。
デキはかなり良さそうなので、工夫した走りができたら好走可能かもしれません。
しかし、やはりこの馬は小回りのマイル以下がベストの条件ではないかと感じています。
直線が長い東京になるので、前走までのような先行する競馬では、脚がもたないと思います。
頭数が落ち着くようなので、思い切って後方からの競馬をしてみるのも良い作戦かなと思いますがどうでしょうね。現状のままでは好走は厳しいと思います。
 
 
以上です。
 
 
モーリスを負かす可能性がある馬は?
 
もう1頭は?
にほんブログ村 競馬ブログへ