こんにちは。

今週は、更新が滞ってました。
ちょっとPCを新しくしたのですが、JRA-VAN(特にレーシングビュワー)がうまく作動せずに、満足に見れない状況になってまして作業がなかなか進まない感じです。

まあ、こちらの都合はさておきまして、本日は、マーメイドSの追い切り診断をしたいと
思います。

今年の牝馬重賞は、愛知杯、中山牝馬S、福島牝馬Sと大穴馬が絡んでおり、荒れ傾向に
あります。
マーメイドSも、荒れるレースとして名が通ってますし、今年のメンバー構成を見ても
荒れる気配が漂っていると思いますね。

 

マーメイドS 追い切り診断

今年は、条件戦レベルの馬が多く、メンバーの質は低いですね。
調教も特に目立ったという馬も見当たりませんでしたので、軸は能力順で決めても良さそうだなと思います。

しかし、相手は何が来ても不思議はないと思う状況ですので、今年の牝馬重賞の流れを考えても大穴の馬が絡んでくる可能性は高そうですね。

 

調教評価(ランク分け)

A評価
該当馬なし

B+評価
⑬シュンドルボン
⑫リラヴァティ
⑦ヒルノマテーラ
④レッドオリヴィア

B評価
⑪ウインリバティ
⑧タガノエトワール
②ナムラアン
⑤ハピネスダンサー

 

調教解説

シュンドルボン
南W 50.9-38.2-12.6 2頭併せ/内/強め/先着
この馬本来の力強いを見せました。
前走のヴィクトリアマイル時は、動きに力強さがなく小ぢんまりとした動きでしたが、
今回はフットワークもしっかり伸びてましたしデキは持ち直していると思います。
外枠に入りましたが、この馬は完歩が大きいので、内で揉まれるより、
のびのび走れる外枠の方が成績が良いので問題ないでしょう。
条件クラスの馬が多いメンバー構成になりましたので、自力は見せたいところでしょう。
 
 
 
リラヴァティ
栗坂 53.0-38.9-25.4-12.8 2頭併せ/内/一杯/遅れ
動きがしっかりしてきて、力強さが出てきました。
5歳となり完成されてきた感があります。
調教の動きからも、切れる脚はないです。ジリジリとパワーで押し切るタイプです。
ですから、先行して押し切る競馬は合っていると思います。
逃げれる可能性が高そうなメンバーなので、勝ち負けしてくると思います。
53キロも好走が多い斤量です。
 
 
 
ヒルノマテーラ
栗坂 53.3-38.1-24.7-12.4 単走/強め
まだ、準オープンの身ですが、動きを見ても、オープンまで上がるのは
時間の問題かと思う馬です。
力強いフットワークからの持続力に魅力があります。
今週の追い切りの動きも、坂路をまっすぐ駆け上がり体幹の強さを見せましたし、
状態の良さもうかがえました。
このメンバーなら、格下感はあまりなく、好走しても不思議はありません。
 
 
 
レッドオリヴィア
栗坂 53.3-38.6-24.9-12.3 単走/大外/強め
準オープンを連続して2着と好調さを見せている馬です。
今週の追い切りも、坂路でキビキビとした動きで変わらず好調のようです。
ただ、動きに軽快さはあるのですが、力強さに欠ける面もあります。
持続力勝負になると追い負けしそうなタイプですね。
理想は、好位で脚を溜めて、一瞬の脚で抜け出したいところでしょうね。
広いコースよりは小回りコースの方が良さそうなので、阪神内回りは良さそうです。
しかし、個人的には、パワーに欠ける印象もあるので、平坦コースの方が良さそうだなと
感じています。
 
 
 
ウインリバティ
CW 85.3-68.1-53.1-38.9-12.5 3頭併せ/内/馬なり/先着
ここ数走は不振でしたが、徐々に状態が良くなってきた感があります。
フットワークがまとまってきて、バラバラ感がなくなってきました。
ここ2走は二桁着順ですが、共に1.0秒未満の負けで着順ほどは負けていません。
好走例が多い53キロの斤量で走れますし、このメンバーなら馬券内に粘っても
不思議ではないと思います。
 
 
 
タガノエトワール
CW 83.0-67.3-52.6-38.9-11.7 単走/馬なり
転厩初戦になります。
このレースに向けての調教は、あまり強く追ってなく状態はまだまだ上がってこない印象です。
今週の動きも、フットワークは軽快でしたが、力強さに欠けていました。
首の使い方も甘く、まだ上半身をしっかり使えていません。
今回は一叩きの感が強そうで、叩いてサマー2000シリーズ勝負のような気がします。
 
 
 
ナムラアン
栗坂 54.2-38.8-24.8-12.6 単走/強め
エンパイヤメーカー産駒ですが、芝で好走している馬です。
今週の坂路での動きを見ても、パワーを感じる走り方でした。
父の産駒の特徴どおり、切れる脚は使えないと思います。ペースの増減の少ない
ワンペース気味に走る馬でしょう。
重賞になってどこまで走れるか楽しみですが、勝ち切るには展開が向かないと厳しいかな
という感じもしています。上手く流れに乗れれば流れ込んで3着あたりはある馬だと思います。
 
 
 
ハピネスダンサー
栗坂 53.0-38.2-24.8-12.4 単走/馬なり
ここ数走は惜敗続きですが、期待に応えられていない結果となっています。
脚力は高い馬だとは思いますが、どうも気性に難があるように思います。
メイショウサムソン産駒はこういうタイプが多いのも事実です。
折り合いが難しく、道中リラックスして走れない分、最後伸びあぐねる印象です。
今週の追い切りも、坂路でキビキビとした軽快な動きでスピード感は感じましたが、
頭を上げ気味で気性の不安定さも見せていました。
個人的な意見ですが、サムソン産駒は1200mくらいの短距離の方が走ると見ています。
ただ、今回は川田騎手が騎乗するので、上手くなだめれば弾ける可能性はあると思います。

 

 

以上です。

 

軸馬として期待している馬は↓

 

相手筆頭に考えている馬は↓

にほんブログ村 競馬ブログへ