どうも、タカピです。
 
本日は、函館記念の追い切り診断です。
 
今週は、重賞が函館記念の1レースだけですね。
少しのんびり出来るので、たまにはこういう週もあって良いですね。
 
函館記念ですが、夏の小回りハンデ重賞らしく荒れ傾向もレースです。
先週の七夕賞もそうですが、夏は重賞でも一枚落ちるメンバーでの争いになりますので、
能力差も少なく人気薄でも好走できる確率が上がります。
 
その人気薄の見極めは、やはり調教やパドックで馬の状態の良し悪しを確認しなければ、
なかなか難しいと思います。
 
先週の七夕賞のようにズバリ当てられたら良いなぁと思っています。
 
では、函館記念の調教評価です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

A評価
⑥マイネルミラノ
 
B+評価
③レッドレイヴン
⑦マイネルフロスト
⑤マテンロウボス
⑯ファントムライト
 
B評価
⑫ネオリアリズム
⑭トゥインクル
⑮ダービーフィズ
④バイガエシ
 
 
函館は滞在競馬になりますので、追い切りも現地で行うことになります。
毎年のことですが、これが状態を見極めることを難しくしています。
 
もうすぐ始まる小倉や札幌も滞在競馬になりますので、追い切りでの判断が
難しいです。
 
トレセンである程度仕上げて来る場合もありますし、目標が先なら現地で強めに負荷を
かけることもあります。
それは、関係者以外は詳しいことは分からないので推測になります。難しい原因の一つです。
 
だから、追い切りで見つけた穴馬が好走することもありますし、調教では目立たなかった馬が
好走することも多発します。
 
ですから、個人的には夏の滞在競馬は、追い切りとパドックをセットで考えるようにしています。
 
また、函館記念は内枠が断然有利なレースです。
言い換えれば、外枠の馬は厳しい競馬になるということです。 
外枠の馬は少し評価を下げる必要があるかもしれません。 
 
スポンサードリンク
 
 
 

調教解説

 
マイネルミラノ
函W 67.5-52.6-38.4-12.1 併馬/大外/強め/先着
更に上昇中です。
今週の追い切りの動きは、良い頃の迫力が戻ってきた印象です。
体全体を使った伸びのあるフットワークで柔軟性もありました。
追っての伸びもしっかりしていました。エプソムC3着時以上のデキに
あると思います。
前走は、イーブンラップの逃げで上がり34.3にまとめての3着でした。
今回は、小回りコースに変わる分、先手を取れれば更に粘りは増すと思います。
逃げれなかった場合は苦戦も考えられますが、他に主張しそうな馬も見当たらないので
おそらく逃げれると思います。ハンデも勝率が一番高い56キロですしチャンスは十分でしょう。
 
 
レッドレイヴン
函W 71.0-56.4-41.4-12.4 2頭併せ/大外/馬なり/先着
好調維持ですね。ゆったりしたフットワークで柔軟性を感じました。
頭が高いのはいつもなので気にしなくて良いと思います。
底力で劣り、持続力に欠ける馬なので、重賞を狙うなら小回りコースという馬です。
また、コーナーリングが上手いところもあります。前走もそれが活きた内容でした。
今回は、重賞でレースレベルが上がるだけに底力が足りるかが問題です。
1番人気が予想されますが、そこまでの信頼度には欠けるような印象ですね。
 
 
マイネルフロスト
函W 68.9-53.2-39.2-12.3 2頭併せ/内/強め/先着
ここ数走もデキは悪くはなかったと思います。
しかし、レースではだらしない結果が多かったように思います。
今週の追い切りの動きは、パワフルなフットワークでパワーを感じました。
若干追ってから重苦しさがあるのですが、それはこの馬の特性でしょう。
追って伸びるような加速力はないですし、長く脚を使えるタイプでもないです。
なので、ここ2走のような後方から捲るような戦法は向いていないと思います。
ベストは、先行しての粘りこみだと思います。
デキは悪くないと思いますので、2~3番手に付けれれば面白い存在かなと思います。
 
 
マテンロウボス
函W 71.7-54.9-40.1-12.0 単走/馬なり
まだ多少気難しさがあるような印象ですね。
今週の追い切りも、道中抑えていた時に首を振ってハミがかりが悪いような仕草を
見せていました。しかし、追ってからは迫力あるフットワークで伸びましたので、
デキは確実に上昇していると思います。
この馬に関しては、まだはっきりとは特徴を掴みきれてないのですが、前走大外から
早めに仕掛けて伸びきれなかった内容から、長く脚を使える馬ではないのかなと思っています。
ですから、折り合いがつき、しっかり脚を溜めて、小回りで一気に脚を使った方がパフォーマンス
は上がるのかなとイメージしています。
今回は乗り慣れた四位騎手なのでその点は問題ないと思います。
ただ、大外を回してしまったらアウトでしょう。
 
 
ファントムライト
函芝 69.0-51.6-37.5-11.7 2頭併せ/外/馬なり/同入
動きは相変わらず良く、見栄えがします。
芝コースでの追い切りで迫力は感じませんでしたが、捌きが軽く、
キレを感じるフットワークでした。
前走を除き安定した成績を残せています。その前走も明らかに距離が長かったですし、
メンバーも強力でしたので度外視出来ます。
馬場状態は不問の馬ですし、突き抜けるような決め手には欠けますが、ラストは
しっかり脚を使う馬なので、今回も大崩れはないでしょう。
 
 
ネオリアリズム
函芝 66.4-49.8-36.7-11.8 2頭併せ/内/馬なり/先着
レース間は開きましたが、素軽いフットワークでスピード感を感じました。
デキはそれなりに良さそうで、力は出せる仕上がりだと思います。
まだ先を見据えた仕上げであることは確かなので、勝ちきれるかは微妙ですが、
馬券内に好走することは可能かと思います。
まだタイプは掴みきれてませんが、ネオユニ産駒なので切れ味には欠けるが、
長く脚を使えるタイプかなと思います。
後は、騎手が日本での経験に乏しいので不安材料かと思います。
判断が難しい馬の一頭です。
 
 
トゥインクル
函W 69.6-53.9-38.9-12.6 単走/馬なり
前走同様に柔らかいフットワークで柔軟性があります。
追われてからも体全体を使ったフォームでしっかり伸びていました。
状態は良いと思います。
後は、距離だけでしょうね。長い距離ばかり使われていた馬で、2000mを使われたのは
2年以上も前です。長距離と違い道中ラップが緩まないので、その流れに戸惑わなければ、
能力的には上位なので好走出来ると思います。
 
 
ダービーフィズ
函W 64.9-50.9-37.8-11.9 単走/強め
最近は良いところがないですね。調教の動きは悪くないんですけどね。
血統的にも奥手なので、今が充実期でもおかしくないと思うのですがね。
今週の追い切りも、素軽く柔軟性を感じましたし、追ってからもバネのあるフットワークで
走れていましたので状態は悪くないと思います。
昨年の勝ち馬ですし、コース適性はあると思います。一瞬の脚を活かしたい馬なので、
小回りコースも良いと思いますので、近走の成績は目をつぶって買い目には入れたいかなと思います。
 
 
バイガエシ
函W 68.4-52.7-37.9-12.3 2頭併せ/内/強め/先着
中1週ですが、Wコースでビッシリ追い切ってきました。
これだけやれてればデキは問題なく良いと思います。
後は、重賞クラスの馬の力関係だけでしょうね。前走は1000万クラスで圧勝しましたし、
素質は重賞クラスと言われているようですが、すぐに結果を出すのは難しいことも確かです。
個人的には、ここを使った後の条件戦で狙いたい馬ですね。
 
 
ツクバアズマオー
函W 71.5-55.0-40.7-12.7 単走/馬なり
順調に調教を消化出来ていますが、内容が少し軽めかなと思います。
動き自体は、素軽いフットワークでスピード感があり不満はないです。
重賞を狙うのであればもう少し負荷をかける必要があると思います。
ただ、調教内容からも、狙いは先にありそうな印象も受けました。
 
 
 
以上です。
 
 
 
馬券の中心はこの馬で!
 
 
好配当の使者は?
にほんブログ村 競馬ブログへ