どうも、タカピです。
 
本日は、函館2歳Sの追い切り診断をします。
見解の記事でも書きましたが、
函館2歳S2016 注目馬!!
どうも、タカピです。 今週は、函館2歳Sが行われますが、ほとんどの馬がキャリア1戦の馬です。これでは、さすがに出馬表だけでは能力...
 
キャリア1,2戦の馬ばかりですから、能力差は未知数です。
前走のレース振りや調教の動きで判断するしかないですね。
そういう意味で、追い切りのチェックは普段より比重が高いかと思います。
 
 
では、函館2歳Sの調教評価です。
 
スポンサードリンク

 
 
 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
・ラーナアズーラ
・ザベストエバー
 
B+評価
・タイムトリップ
・レヴァンテライオン
・バリンジャー
 
B評価
・ロイヤルメジャー
・フクノクオリア
・モンドキャンノ
 
 
今年は例年に比べ、スピード一辺倒の典型的なスプリンタータイプは少ないような印象です。
まあ、まだキャリアの浅い馬ばかりなのではっきりとは分からないですけどね。
 
ただ、捌きの硬いダート馬っぽい馬もいそうな気がしますので、人気馬を選択する場合は
注意が必要かもしれません。
 
見解のところでも書きましたが、逃げが決まりにくいレースです。
軸には差す競馬が出来そうな馬を選んだ方が良いと思います。
 
スポンサードリンク
 
 
 
 
 

調教解説

ラーナアズーラ
函W 66.9-52.8-38.1-12.6 3頭併せ/中/強め/先着
3頭併せの真ん中でビッシリ負荷をかける追い切り。
2歳のこの時期にこれだけ攻められるので完成度も高く、状態も良いと思います。
馬体は、首が短いスピードタイプなので距離もベストだという印象です。
初戦のレース内容と同じように、追い切りでも追ってからの加速力に能力の片鱗を見ました。
終いは確実に伸びてくるようなイメージを持てますし、前が崩れれば突き抜けまであるかもしれません。
人気は無さそうですが、非常に魅力ある一頭です。
 
 
ザベストエバー
函W 53.3-38.7-12.4 2頭併せ/内/馬なり/先着
動きが非常に柔らかく、柔軟性抜群のフットワークを見せました。
これだけの柔らかい動きが出来れば、道中の消耗も少ないですし、
控える競馬が出来れば脚はしっかり溜めれると思います。
追われての反応も抜群でしたし、上積みが大きいと思います。チャンス大です。
 
 
タイムトリップ
函芝 67.1-51.6-38.4-12.4 2頭併せ/内/馬なり/先着
非常に無駄がなく柔軟性抜群のフットワークで能力を感じます。
走りに余裕がありますし、体をいっぱいに伸ばしたフットワークでバネがあります。
初戦も手前を替えるのが遅かったですが、追い切りでもそんな感じを見せていました。
まだ気性的にも若さが残りますが、走りには雰囲気がありますし能力は高い一頭だと思います。
地味な血統で人気は無いでしょうが、侮れない馬です。
 
 
レヴァンテライオン
函W 69.6-53.8-39.5-12.3 2頭併せ/内/強め/同入
2歳馬ですが、あまり若さを感じません。外国産馬らしく完成度が高そうです。
フットワークも体幹がしっかりしてブレがないですし、迫力もあります。
少し追っての反応が遅い面があります。初戦もそんな感じでの勝利でしたから、
スピードに乗るのに時間がかかる馬か、もしくはワンペース気味に走る馬なのかも
しれません。そんなタイプなので、位置取りが後方になると厳しくなるかもしれません。
初戦を見ても、ゲートは速いので極端な枠にならなければ好走の確率は上がりそうです。
 
 
バリンジャー
函W 71.6-55.8-41.6-13.6 2頭併せ/内/馬なり/同入
やはりスケールを感じますね。
相手に合わせた追い切り内容で、まだ余裕を持たせた造りではあると思います。
しかし、馬体もバランスが取れていますし、首を使ったフットワークで能力も感じます。
先々まで楽しめそうな素材でしょう。まだ8分程度の仕上げでしょうが、それでも
勝ち負け出来そうな能力の高さを感じます。
 
 
ロイヤルメジャー
函W 69.3-54.1-39.6-12.9 2頭併せ/外/強め/遅れ
スピードがありそうですね。前肢を高く上げるフットワークで、
回転も速くスピード感を感じます。
大外を回ったとは言え、併せた相手には遅れましたので、追われて味はない
タイプかもしれません。スピード一辺倒タイプでしょうね。
それだけに、前目につけたい馬で、理想はハナに行きたいと思います。
行き切れれば押し切りまであっても良いスピードの持ち主だと思います。
 
 
フクノクオリア
函W 67.7-52.2-38.6-12.9 3頭併せ/外/強め/先着
大型馬が叩かれつつ素軽さを増してきたという印象です。
3頭併せで大外を回せるほど負荷をかけることが出来ます。これは馬体重が
あるから出来ることだと思います。それだけ体質の強さがあるのでしょう。
追われてもしっかり伸びて先着しました。差しが決まりやすいレースなので、
この馬の安定した末脚は魅力があります。
 
 
モンドキャンノ
函芝 64.2-49.4-36.3-12.4 2頭併せ/内/馬なり/先着
スピードはありますね。キビキビしたフットワークでスピード感は十分です。
四肢をしっかり伸ばした走りで脚力も感じます。
ただ、前脚の出に若干硬さがありますし、頭が高い走りなので一本調子な面が
あるかもしれません。なので、揉まれ込んだ時には脆さが出る可能性はあります。
頭が高いので、追って伸びるタイプでも無さそうですね。
個人的にはダートで見てみたい馬です。
 
 
本日は以上です。
 
 
 
柔軟性抜群で、能力高そうな1頭は?
 
 
決め脚ありそうで注目の1頭は?
にほんブログ村 競馬ブログへ