どうも、タカピです。
 
本日は、新潟で行われる夏の名物マイル重賞の関屋記念の追い切り診断です。
 
例年そこそこのメンバーが揃いますが、今年も実力伯仲の好メンバーは揃った印象です。
中京記念とは、同じ左回りのマイル戦でもレースの質は全く違うものになります。
 
中京記念は、力が要る馬場でレースタイムも上がり3Fもかかりますが、
関屋記念は、軽い馬場で、勝ち時計も上がりも速くなります。
 
ですから、中京記念で条件が合わず惨敗した馬でも、巻き返すことがあるレースです。
 
直線が長いレースですので、持続力に富んだ馬を狙いたいところです。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 
関屋記念 追い切り診断
 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
④ピークトラム
 
B+評価
②クラリティスカイ
⑥ケントオー
⑤ダンスアミーガ
⑯マイネルアウラート
 
B評価
⑦マジックタイム
⑪ロサギガンティア
⑨ラングレー
⑰ヤングマンパワー
 
 
休養を挟んだ実績馬 VS 順調に使われている馬の図式になっています。
仕上がり的には、中京記念を筆頭に使われている馬の動きが良かった印象です。
 
その辺で実績差は埋まると思いますので、印をつけるには難しいレースに
なったように思います。
 
個人的には、使われて上昇が見える中京記念組を軸にはしたいところですね。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 

調教解説

ピークトラム
CW 86.2-69.0-53.5-39.3-12.1 2頭併せ/内/馬なり/先着
一叩きされて状態は急上昇しているように見えます。
前走は2着に好走しましたが、調教の動きはまだ余裕を残した動きでしたし、
万全の状態ではないように見えました。
今週の追い切りの動きは、非常に柔らかい動きで、ゆったりとしたフットワークが
目立ち、柔軟性抜群でした。併せた相手も一気に突き放しましたし、デキはかなり
良くなっていると思います。
完歩の大きなフットワークですので、一瞬の脚には欠けますが持続力があり、
長く脚を使えるタイプの馬です。加速力もありますし、新潟の馬場への適性も
問題ないと思います。サマーマイルシリーズを狙った仕上げ過程に見えますし、
ここは1着を狙った出走に思います。有力候補の1頭です。
 
 
クラリティスカイ
南W 81.9-66.8-52.6-38.3-13.2 2頭併せ/内/馬なり/先着
前走同様に状態は良さそうです。
南Wでの追い切りでしたが、併走馬を余裕を持って追走し、軽く仕掛けて
先着しました。体全体を使ったフットワークで躍動感がありますし、
追われての脚を力強くキレもあります。デキは良いです。
前走はダート戦でしたので度外視して良いと思います。
NHKマイル制覇後は不振ですが、昨年に比べたら動きは断然良いので、
いつ復活してもおかしくないと思っています。前走のダート戦での敗戦が
嫌われて人気が落ちれば、配当的にも面白い存在になるかもしれません。
 
 
ケントオー
栗坂 60.4-43.3-27.0-12.5 単走/馬なり
充実一途で本格化の気配を感じます。
ずっと使われていますので、調教時計は出しませんでしたが、
これは前走時もそうでしたので問題ないです。
動き自体は、キビキビとしたフットワークでスピード感がありますし、
元気いっぱいでした。
前走は最後方からと予想と違うレース振りでしたが、上がり3F33.6でレース上がり
より1.0秒速い上がりを使っての3着で自力強化を証明しました。
馬のタイプ的に持続力には疑問を感じていましたが、前走の脚を見る限り問題は
なさそうです。前走よりレース上がりが速くなりそうな点が課題ですが、好位でも
レースが出来る馬なので位置取り次第でどうにかなると思います。
充実ぶりに期待したい1頭です。
 
 
ダンスアミーガ
栗坂 53.4-38.1-24.9-12.7 単走/強め
充実した動きを見せました。
栗東坂路の大外を単走での追い切りでしたが、回転の速いフットワークで
グイグイ伸びていました。状態は良さそうです。
最低人気の前走ですが、あわや3着になろうかというレースで見せ場たっぷりでした。
距離的にマイルはギリギリ感もあります。前走は、比較的上がりがかかるような条件
だったのが好走の要因かもしれません。新潟に変わり、より加速力と持続力が問われる
条件になりますので、距離適性を誤魔化せるかが課題になりそうです。
ただ、状態は良いと思うので、展開が嵌れば再度見せ場があっても不思議ではないです。
 
 
マイネルアウラート
南W 68.7-53.6-39.2-12.5 単走/強め
前走時と変わらずデキの良さを感じる動きでした。
回転の速いフットワークでスピード感は抜群でした。
前走は、直線で他馬に挟まれる不利を受け、レースにならなかったので、
結果は度外視して良いです。
調教を見る限り、後遺症も見られませんし、今回は巻き返しがあっても良いです。
走りが軽いタイプなので、中京より新潟の方が適性は高いと思います。
人気は落とすでしょうが、配当的には面白い馬だと思います。
 
 
マジックタイム
南W 67.4-51.0-37.1-12.7 2頭強め/外/馬なり/先着
若干余裕を持たせた仕上がりかなと感じました。
動き自体は迫力がありますし、能力の高さを感じる動きでした。
まだ、上半身の使い方が甘いところがあります。そこは休み明けを
感じますね。
条件的に左回りのマイル戦は向いていますし、実績的にも上位の存在で
人気になると思いますが、仕上がり的には軸にはしたくないかなと思います。
 
 
ロサギガンティア
美坂 54.3-39.1-25.1-12.2 3頭併せ/内/馬なり/先着
相変わらず軽い調教ですね。
馬はもっと追われても良いくらい、力を持て余したような
追い切り内容でした。まあここら辺はいつもの藤沢厩舎の調教ですね。
ですから、状態は悪くないですが、ピークでもないと思います。
重賞を狙うのであれば、もう少し負荷をかけた調教をして欲しいものです。
馬のポテンシャルは高いと思うだけに残念ですね。
この馬は、使える脚が短いタイプで、いつもあと一押しが効かない馬です。
ですから、直線の長い新潟での持続力に課題が残る現状です。
距離も1400mがベストだと思いますし、今回もあと一歩のレースになりそうな
感じがします。
 
 
ラングレー
栗坂 55.7-39.7-25.2-12.4 単走/強め
奥手の血統で、ようやく軌道に乗ってきた印象のある馬です。
今週の追い切りは、休み明けらしく、少し脚運びに重たさがありました。
追われての動きは、ウッドチップも高く舞っていましたし、脚力が高いところは
見せました。
ディープ産駒にしては、切れる脚を使うタイプではなく、長く脚を使う持続力タイプ
なので、重賞を勝つには加速力に磨きをかける必要がありそうですが、奥手の血統ですので、
1戦毎に加速力も付いてくると思います。
今回は蛯名騎手が乗るので、いっぱいに追ってくれると思います。
新潟の長い直線を活かして上位に食い込んでくる可能性はあると思います。
 
 
ヤングマンパワー
美坂 54.3-39.8-25.5-12.1 2頭併せ/外/強め/同入
調教ではいつも良く見せない馬で、評価に悩む1頭です。
今回も美浦坂路で3頭併せと、負荷はしっかりかけられており、順調に調整されています。
相変わらず、調教では首を振ったり、若さを見せるところがあり真面目に走ってないような
面があります。しかし、それはいつものことなので、それだけで評価は落とせません。
レースではしっかり走るので、練習嫌いな馬だと認識するようにしています。
昨年も3着した舞台ですし、条件は良いと思います。状態の良し悪しはパドックでつけたい
タイプの馬ですね。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
デキは前走以上!中心視の1頭は?
 
 
近走不振も実績は最上位の穴馬は?
にほんブログ村 競馬ブログへ