どうも、タカピです。
 
今週は、真夏のG1とも言われる札幌記念が行われます。
今年の主役は何といってもモーリスでしょう。
 
モーリスと言えば、マイルの絶対王者ですよね。
しかし、札幌記念の距離は2000mです。
 
そこで、本日はモーリスの距離適性について個人的な考察を
してみようと思います。
 
 
結論から言わせてもらえれば、モーリスの距離延長は危険だと思います。
札幌記念はメンバーの質的に結果は出るかもしれませんが、レースレベルが
あがると苦戦必至ではないかと思っています。
 
引退間近のこの時期に距離延長というチャレンジを課す意味はないように思うんですがね。
チャレンジするなら距離短縮だと思います。
スプリンターズSと香港スプリントなら圧勝できるポテンシャルはあると思うので。
 
 
では、考察をしていきます。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 
まず、モーリスの馬体から。
 
【安田記念 2016】大正ロマン予想|早すぎる結論は◎モーリスからこの穴馬へ! 
筋肉ムキムキで、見栄えする馬体です。特に上半身の筋肉量が凄いです。
モーリスの掻き込みの強い豪快なフットワークの源となっています。
 
筋肉が発達していれば、一気にスピードを爆発させることが出来ます。
ですから、短距離馬にこういう馬体が多いです。
 
あの、スーパースプリンターのロードカナロアも凄い筋肉の持ち主でした。
モーリスもロードカナロアに似た馬体構造です。
yjimage
 
 
それとは逆に、中距離馬は柔軟性に富んだ馬体の馬が多いです。
ムキムキではなくて、しなやかな馬体です。
 
動きが柔らかいほど走りに負担がかからず余力を溜めれるからです。
人間でも、体が硬い人は動きに余計な力が入り体力の消耗も激しいはずです。
 
このことからも、モーリスは、基本はマイラーではなくスプリンターだと
個人的には思っています。
マイルは絶対能力の差で克服しているのでしょう。
 
モーリスが、1200mを走れば凄いパフォーマンスを見せてくれると思っています。
香港スプリントで世界の強豪を倒してくれないかな(笑)
 
 
 
 

安田記念に危険サインが出ていた

 
モーリスの連勝が止まったのが安田記念でした。
 
私は、このレースにモーリスの距離延長の危険信号が出ていたと思います。
 
安田記念におけるモーリスの敗因は何でしょうか?
 
まず第一に、香港直後の参戦で、外厩、トレセンを経由出来ずに
東京競馬場で調整をしなくてはならなかったことが挙げられます。
つまり仕上がりは万全ではなかったです。
 
そして次に著しく折り合いを欠いたことです。
ここに距離延長の危険信号が出ていたのではないかと思ったのです。
 
安田記念の前半3Fは35.0、1000m通過は59.1でした。
マイルのG1としては超スローペースです。
この流れで、モーリスはずっと折り合いを欠いていました。
あそこまでハミを噛んでしまったら、逃げた方が結果は出たと思います。
騎手の判断ミスでもあります。
 
しかし、前半3F:35.0、1000m:59.1の流れで折り合いを欠いたことが
問題だと思います。
 
何故か?
だって、2000mの流れならごく普通の流れだからです。
もっと遅い流れになることも頻繁にあるでしょう。
 
安田記念より折り合いを欠くことはないかもしれませんが、
それでも折り合いが難しくなることは確かです。
 
先程も書きましたが、筋肉が発達した馬ですから、道中の消耗も激しい
タイプの馬だと思います。
距離的に心配、折り合いまで心配、これって危険信号出てますよね?
 
スポンサードリンク
 
 
 
 

左回りの天皇賞(秋)はメチャクチャ危険

 
ここまでは、モーリスの距離延長は個人的には危険だと思う理由を
書いてきました。
 
しかし、モーリスほどの絶対能力があれば克服する可能性もあると思います。
 
しかし、天皇賞(秋)に出走するのであれば、かなり危険なのではないかと
思います。
 
それは、左回りだからです。
 
モーリスは、左回りが苦手だと思います。
 
右回りと左回りの走り方が少し違うように見えるからです。
 
右回りの時は、前肢の掻き込みがバランスよく持続力に富んだ
豪快なフットワークで走ります。
 
しかし、左回りの時は、前肢を突っ張ったように出し、持続力を
欠くような走り方になります。
 
左回りでは僅差の勝利が多くパフォーマンスを落とすのもそれが原因だと思います。
 
これは、血統からも推測できます。
モーリスの父は、スクリーンヒーローですが、その父はグラスワンダーなのです。
 
グラスワンダーも左回りと右回りのパフォーマンスに差がありました。
走り方もモーリスと同じく、左回りでは前肢の出が突っ張ったように出てました。
父の影響が濃く出ているようですね。
 
なので、左回りの2000mという条件の天皇賞(秋)では苦戦必至だと考えています。
 
 
 

モーリスの2000mでの扱いは?

 
今回の札幌記念は、右回りで小回り、弱メンバーということを考えれば
結果を残す可能性も高いかもしれません。
 
しかし、個人的には2000mでの戦いで、1倍台のオッズでは期待値は低いと
考えてます。
 
ですから、札幌記念は軸で買わず相手で買う予定です。
調教が良くても相手までです。
 
そして、天皇賞(秋)は、馬券から外すことも考えてます。
札幌記念でのパフォーマンス次第ではありますが…。
 
どちらにしても、スーパーホースの参戦でこの夏一番の盛り上がりは
間違いないと思いますので、楽しみにレースを見たいと思います。
 
日曜日は、小倉の指定席の抽選に通ったので、小倉競馬場での
観戦になると思います。
 
今から、楽しみでソワソワしてます(笑)
 
 
 
本日は以上です。
 
 
応援クリックお願いします。
 
 
にほんブログ村 競馬ブログへ