こんにちは。  調教博士たかぴ です。




明日は、金杯ですね。


有馬記念が終わって一週間ちょっと。


あっという間ですね。


今年も競馬頑張って勝ちに行きますのでよろしくお願いします。



とは言うものの、調教をメインに馬券を買う人にとって、金杯をはじめ

する正月競馬は鬼門であります。


何故かと言いますと、


変則調教で、予想に活かせる程の調教映像がない!!


のです(泣)。



11日の三日間開催くらいまでは影響が大きいと思います。


だから、1月の成績は毎年悪いんですよ。


今年は何とか好スタートを切りたいと思いますが…。




愚痴はそこら辺にしときまして、金杯の調教評価をしますね。




中山金杯 調教評価


A評価

該当馬なし



B+評価

⑤ヤマカツエース

⑫バロンドゥフォール



B評価

⑨べルーフ

⑩フルーキー

⑥ブライトエンブレム



ヤマカツエース

キビキビとした動きで調子は良好。

ピッチ走法で軽めのフットワークなので、使える脚は短めなタイプです。

ですから、小回りの中山コースは適性高いと思います。

56キロと多少ハンデは見込まれましたが、好勝負必至でしょう。



バロンドゥフォール

ディープ産駒らしいバネのあるフットワーク。

スピードに乗ったときの末脚の威力はありそう。

ただ、若干器用さに欠ける動きなので、展開次第という面はあります。





京都金杯 調教評価


A評価

該当馬なし



B+評価

該当馬なし



B評価 

⑩マジェスティハーツ

③シベリアンスパーブ

⑬マーティンボロ

⑦ウインプリメーラ



京都金杯に関しては、17頭中7頭しか映像が無く、その7頭も軽めの

調教内容が多いので、コメント出来る程の内容ではありませんでした。




後は、馬場状態やオッス、パドックを見て、何とか当てたいとは

思っています。




本日は以上です。




ランキング参加中です。

応援お願いします。


競馬 ブログランキングへ