どうも、タカピです。
 
本日は、北九州記念の追い切り診断です。
ベルカント以外のメンバーは少し格下感がありますね。
 
小倉の1200mでハンデ戦なので、荒れる要素はたくさんありそうです。
 
ポイントを挙げるなら以下でしょうね。
・ベルカントで堅いのか?
・穴馬や軽ハンデ馬で調子の良い馬はいるか?
 
小倉の1200mは前半3Fがもの凄く速くなるコースですからその点も考慮して
予想する必要があると思います。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
③ローズミラクル
 
B+評価
⑤ベルカント
⑥メイショウライナー
⑩フルールシチー
⑪プリンセスムーン
B評価
⑧オウノミチ
④ベルルミエール
⑦マイネルエテルネル
 
 
やはりスプリント戦といえば、栗東坂路調教馬ですね。
ほとんどの馬が坂路調教でした。
 
前半が速くなるレースですから、坂路で鍛えたパワーがないと
最後までもたないことが多いですからね。
 
メンバーは低レベルな印象ですが、その分能力差は少ないということです。
荒れる想定もしておいた方が良さそうです。
 
スポンサードリンク
 
 
 

調教解説

ローズミラクル
栗坂 53.8-38.0-24.7-12.5 単走/強め
迫力満点の動きを披露しました。デキはかなり良さそうです。
筋肉量が多く、ムキムキの馬体をしています。いかにも短距離馬といった馬です。
坂路での動きは、豪快なフットワークで迫力のある動きでしたし、前走以上のデキ
で挑めるのではないかと思います。
走り方的に直線競馬は向いていない中、5着と崩れなかった点は評価出来ます。
今回はコーナーがあるので、ベルカントやプリンセスムーンとの差は縮まるのでは
ないかと見ています。人気は落ちるでしょうが侮っては危険だと思います。
 
 
ベルカント
栗坂 52.9-37.7-23.9-11.8 2頭併せ/外/強め/先着
益々快調のように思います。前走時も一変した動きを見せていましたが、
今回も貫禄の動きで一枚上の存在を見せつけたかなという印象です。
右にモタレる面のある馬で、坂路では単走で最内を回ることが多い馬ですが、
今回は併せ馬を消化できました。スピードに乗ってからは少し内側に行きたがる仕草を
見せますが、問題視するほどでもありませんでした。
今のデキなら、気持ち面でも充実しているようで、モタレる仕草もましになるのでは
ないかと思います。少々オーバーペースでも頑張れる馬なので、変に馬群に揉まれて
気分を害するより、スムーズに先行させた方が結果が出ると思います。
 
 
メイショウライナー
栗坂 52.0-38.3-25.1-12.9 単走/大外/馬なり
坂路をまっすぐに駆け上がり、完歩の大きなフットワークで
動きも柔らかい柔軟性のある動きでした。
前走のCBC賞時も良い動きでしたが、今回はそれ以上でした。
パワーで押すようなタイプの馬ではないので、中京のような力を要する馬場は
合っていなかったですが、軽い馬場の小倉に変わればスピード勝負に持ち込める分
好走の可能性が高くなるのかなと思います。
小倉成績も2-2-0-1ですし、チャンスは十分にあると思います。
 
 
フルールシチー
栗坂 52.9-37.3-24.3-11.9 単走/強め
回転の速いキビキビとしたフットワークでスピードを感じる動きでした。
まだ条件馬の身なので、動きの力強さは劣るかなという印象です。
パワー勝負になれば力負けするでしょうが、軽いスピード勝負になれば、
軽ハンデを活かして見せ場があっても良いかなと思います。
 
 
プリンセスムーン
栗坂 55.1-39.6-25.0-12.1 単走/馬なり
坂路での動きは迫力がありますね。脚捌きが力強く、フットワークは豪快です。
この馬は、前肢を突き出すように出す独特な走り方です。
なので、おそらくコーナーは回りにくいと思います。コーナー競馬は苦手でしょうね。
良績が直線競馬に集中しているのもそれが原因だと思います。
コーナーを回るのに脚を使ってしまうと思いますから、上がりが速くなるコースでは
厳しい競馬になると思いますね。
 
 
オウノミチ
栗坂 53.0-38.7-25.3-12.8 単走/馬なり
順調ですね。フットワークのバランスも良く状態は安定していると思います。
ただ、追われてからの伸びが少し物足らない印象も受けました。
もう少し上半身を伸ばして走れるようになれば、重賞でも安定して走れるように
なるのかなと思います。
今回は押し出されるように上位人気になりそうですが、現状では重賞で好走できる
のかは微妙な存在かなと思います。
 
 
ベルルミエール
CW 52.5-37.8-12.3 単走/馬なり
フットワークのバランスはしっかりしています。
CWコースでの調教となりましたが、キビキビとしたフットワークで
体調は良いと思います。
重賞では常連の存在ですし、1200m以上を走れる体力もありますので、
ペースが速くなり消耗戦になれば台頭してくる馬だと思います。
 
 
マイネルエテルネル
栗坂 53.0-38.3-24.9-12.4 単走/最内/強め
坂路で最内を追われたように、負荷を控えられた内容でした。
動き自体は、前走時ほどではないですが、フットワークも力強く、
パワーを感じる動きでした。ただ、調教内容を軽くしたということは、
イライラしているとか、何か気性面での不安があるのかもしれません。
休み明けを叩いての2戦目なので、ビッシリ追い切られても不思議ではなかった
のですがね。期待ほどではなかったですね。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
本命候補はこの馬!
 
 
危険な人気馬になるかも?
にほんブログ村 競馬ブログへ