どうも、タカピです。
 
今週は、新潟2歳Sが行われます。
 
過去には、イスラボニータや、ハープスター、ジャスタウェイなどの
大物が出走していたレースです。
昨年もロードクエストが圧勝しました。
 
ただ、個人的には今後はあまり素質馬の出走は期待出来ないのかなと思っています。
それは、札幌でワールドジョッキーズシリーズが開催されることで、有力騎手が揃わない
からです。
 
傾向的なことは、今後の流れを見て行こうと思いますが、本日は、能力差が分かりにくい
2歳戦ということで、出走予定馬の過去のレース振りなど、事前の能力考察をしていこうと
思います。
 
函館2歳S時も、タイムトリップという人気馬の素質を見抜くことに成功しましたので、
今回もそういう馬を見つけられれば良いなぁと思います。
 
スポンサードリンク

 

新潟2歳S 事前考察

 
イブキ
パドックでは柔らかい歩様で、後肢の送りにバネを感じました。
集中して周回出来ていましたし、気性面でも素直さが見えました。
レースでも、終始外を回っていましたが、折り合いに苦労するところは
見られなかったし、ステッキ1発入ってしっかり反応して伸びた点に
センスの高さを感じました。
フットワークも大きいですし、持続力は高そうです。
外を回しても問題なさそうな点は大きな魅力です。
 
 
ウゼットジョリー
パドックでは、頭の高いところはありましたが、完成度が高く好仕上がり
でした。トモの送りにも力強さがありました。
レースでも外を回る競馬で、距離ロスはありましたが、追われると
一完歩ずつ差をつめて突き抜けました。持続力の高さを見せたので、
新潟コースへの適性は高そうです。
 
 
オーバースペック
初戦のパドックは周囲を気にして集中力を欠いていましたが、2戦目は
しっかり集中し、気合も乗っていました。
レースではゲートが遅く、後方からの競馬になりますが、前肢の掻き込み
が力強く、完歩の大きな迫力のあるフットワークに素質の高さを見ました。
持続力が高く、追われてグイグイ伸びます。11秒台のラップに対応出来れば
突き抜けるだけの脚はあると思います。
前走も、小回りの福島でレース上がりより1.1秒速い脚で差し切った内容には
凄みすらありました。人気は低くても侮っては危険な馬です。
 
 
キャスパリーグ
パドックでは、まだ緩いところも見られましたが、うるさい仕草も見せずに
気性は素直な印象です。
レースは、スッと好位に付け、道中も無駄な動きがなくセンスが高そうです。
追われてからは、ディープ産駒らしく、バネのあるフットワークで伸びて
加速力の高さを見せました。ラストは確実に切れそうです。
後は、新潟1600mを伸び続けられる持続力があるかでしょう。素質は高そうです。
 
 
クイントゥープル
パドックでは、抜群の気合乗りと集中力で仕上がりの良さが目立ちました。
レースでも、中団で我慢して、追われてしっかり伸びて勝ち切りました。
前半が速くなったレースで、後半は11秒台のラップがなく、消耗よりのレースに
なりました。レースレベルには疑問がありますが、スタミナや心肺機能は高そう
なので、もう少し距離が伸びた方が良さそうな感じを受けました。
1600mへの距離延長はプラスでしょうし、評価が難しい馬です。
 
 
グリトニル
パドックではチャカついて、少しうるさい面を見せました。案の定レースでは
出遅れて後方から。しかし、上がり11.9-10.7-11.7(34.3)の流れを33.4の上がりを
使って最後方から突き抜けた脚には見どころがありました。
決め手はあります。
 
スポンサードリンク
 
 
マイネルバールマン
調教では豪快な動きを見せるように完成度が高い馬です。
レースでは、スッと好位にとりつくスピードはありますが、追って甘い面があり、
ギアを入れられてからの加速力に欠ける印象です。
一本調子な面が見られるので、1600mは長いと思います。
ダートの方が持ち味が活きそうです。
 
 
マイネルパラディ
3戦使われており、1戦毎に馬体が絞れて仕上がりが良くなっている印象です。
まだ少し太いと思うので、もう少し絞りたい。
レースで、勝負所の反応が鈍いのも絞り切れてないからでしょう。
追い通しでもバテないスタミナと持続力があるので、馬体が絞れて反応が良く
なればパフォーマンスも上がると思います。バールマンよりチャンスは大きいと
思います。
 
 
モーヴサファイア
牝馬で480キロ台と雄大な馬格の馬。ハービンジャー産駒なので、パドックでも
前肢の出が窮屈な面があります。
なので、新潟のような速いラップが必要なコースでは脚負けするかもしれません。
ポテンシャルは高そうですが、馬のタイプ的に条件を選ぶ面がありそうです。
人気になりそうですが、軸にするには少し物足りない面があります。
 
 
リンクスゼロ
キャリア豊富ですが、パドックではチャカついたり若さを見せます。
アドマイヤマックス産駒で、上半身が伸びないフットワークなので、脚力
だけに頼る面があるタイプです。競る展開になれば弱さが出そうです。
同じ父の産駒で、函館2歳Sで穴人気になったガーシュウィンと同じような
タイプでしょう。
なので、逃げて一瞬の脚で突き放す競馬は合っていると思いますが、
新潟の長い直線で最後まで我慢できるかは微妙なところです。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
軸候補と穴馬は??
 
にほんブログ村 競馬ブログへ