どうも、タカピです。
 
本日は、新潟2歳Sの追い切り診断をします。
 
デビューしたばかりの2歳馬同士の重賞なので、馬のタイプもよく
わかりませんし、毎年難解なレースとなっています。
 
近年は、ハープスター、イスラボニータ、ジャスタウェイ、ロードクエストなど
大物の参戦が続いたレースです。
しかし、昨年から札幌でワールドジョッキーズが行われるようになって
リーディング上位騎手が札幌に集まりますから、今後はクラシックを狙うような
一線級の参戦は減ってくるかもしれません。
 
今年も、これは大物といった馬はいないような雰囲気ですが、結果はどうなるか
注目ですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
⑫オーバースペック
 
B+評価
③イブキ
⑪キャスパリーグ
⑨サンライズノア
⑩ヴゼットジョリー
B評価
①チシャーキャット
②モーヴサファイア
⑥アンジュシャルマン
⑬クイントゥープル
 
 
調教は、動きの良い馬が多く、勝ち負けを狙っている馬が多そうだという印象です。
 
人気薄にもしっかりとした動きの馬が多いので、荒れる結果になる可能性も高い
かもしれません。
 
今年の新潟の馬場は例年に比べ状態が良さそうなので、速いタイムの決着も想定
しておかないといけないでしょう。
レース傾向的に、上がり最速の馬が強いレースですので、前走で他と差のある
上がりを使った馬が中心としては妥当だと思います。
 
スポンサードリンク
 
 
 

調教解説

オーバースペック
南W 68.0-52.4-38.8-12.9 3頭併せ/内/馬なり/先着
素晴らしい動きですね。体全体を使ったフォームで、躍動感際立ち、
完歩の大きいフットワークで迫力もあります。
3頭併せで負荷もしっかりかけられていますし、差をつめてくる時の
手応えも余裕があり能力の高さがうかがえます。
血統的に地味な存在ですが、この2戦を見ても末脚の爆発力は確かです。
岩部騎手も、初重賞制覇を期待できるだけの手応えを感じての出走ではないかと
思います。気負わず、直線大外に出せれば勝ち負け出来そうな雰囲気があります。
プリサイスエンド産駒なので、速いラップの勝負になると脚負けする可能性も
あるかもと思いましたが、デビュー戦の内容を見ると速い上がりでも豪快に
追い込んで来ましたので、ほぼ大丈夫だと思います。
中心馬不在の今年のメンバーなら勝ち負け出来ます!
 
 
イブキ
南W 54.4-38.9-13.3 3頭併せ/中/馬なり/先着
柔らかい動きで柔軟性がありますね。
走りに気負いがなく、余裕をもった走りが出来ているところに好感が持てます。
追い切りは短めでしたが、3頭併せで負荷はしっかりかけられています。
デビュー戦も、素質馬レジェンドセラーを余裕綽々に負かしているように、
高い素質を感じる馬です。ルーラーシップ産駒からいきなり重賞勝ち馬が出ても
不思議ないと思います。
父の産駒はゲートが下手だったり、気の悪さを見せる馬も多い現状ですが、
この馬は至って優等生でセンスの高い馬です。大崩れはないでしょう。
 
 
キャスパリーグ
栗坂 56.7-41.4-27.1-13.4 2頭併せ/外/馬なり/遅れ
牝馬でコンパクトにまとまった馬体が素質を感じます。
走りの方も、軽めの追い切り内容でしたが、重心が全くブレずに
坂路をまっすぐ駆け上がっていたように能力の高さを感じました。
まだ腹袋にも余裕が見られますし、ビッシリと仕上げておらず、
先を見据えた仕上げであることは確かでしょう。
それでも、ディープ産駒らしいバネを感じるフットワークですし、
先々まで楽しめそうな素材だとお思います。
マイルへの距離延長で加速力を発揮出来れば勝ち負け可能でしょう。
 
 
サンライズソア
CW 82.8-66.4-51.7-37.9-12.4 2頭併せ/内/強め/先着
雄大なフットワークが目につきましたね。
完歩の大きい走りで迫力もあります。前肢の運びに若干重たさを
感じましたが、大型馬でまだ2戦目ですから、これからほぐれてくる
のではないかと思います。
シンボリクリスエス産駒で淡白なタイプかなと予想してましたが、
これだけ力強い動きが出来るのなら持続力もあると思います。
デビュー戦は、外から被せられながらの2番手追走の形で、ストレスが
かかる内容だったと思いますが、全く関係なく上がり33.4の脚で押し切ってます。
これは精神的な強さと持続力がないとなかなか出来ない内容だと思います。
侮れない存在ですね。
 
 
ヴゼットジョリー
栗坂 55.0-40.2-25.6-12.2 単走/強め
手足が長くスッキリとしたフォームですね。
ローエングリンの重たさがあまり見られないので、母父サンデーの
影響が強いのかもしれません。
坂路での追い切りでしたが、フットワークも大きく伸びもありました。
追ってからのスピード感はあまり感じませんでしたが、まだ完成途上の
2歳馬なのでこれからだと思います。
スパッと切れる決め手はなさそうですが、追うほどに伸びるような持続力は
ありそうです。相手には入れておきたい一頭です。
 
 
チシャーキャット
南W 52.1-38.1-12.5 2頭併せ/外/強め/先着
なかなか魅力的な動きをしていました。
フットワークにバネを感じましたし、体全体を使って完歩の
大きい動きが出来ていました。
デビュー戦も、ゲートが速くHペースの中を好位で進められましたし、
4角で早めに差をつめても最後までバテない末脚で勝ち切ったようにセンスの
高さも感じました。血統的にマイルは長い印象もありますので、
内枠を引いて、ロスのない競馬が出来れば見せ場以上があっても良さそうです。
 
 
モーヴサファイア
栗坂 52.3-37.7-24.4-12.3 2頭併せ/内/強め/先着
牝馬にしては、力強い動きで素材は高いなという印象です。
ただ、ハービンジャー産駒特有の捌きの重さがありますので、
速いラップ勝負になるコースは向かないかもしれません。
前々から押し切るようなレースが出来れば馬券内の期待も持てますが、
中団以降から差してくるような競馬になるともうひと押しが効かない
可能性が出てくるかもしれません。
人気になりそうなだけに、軸としては買いたくないですね。
 
 
アンジュシャルマン
栗坂 53.5-38.3-24.8-12.3 2頭併せ/内/強め/先着
キビキビとした動きで脚力は感じます。
ただ、まだ仕上がり途上のようで、追ってフラフラする場面が多かったです。
叩いて良くなる厩舎なので、本当に良くなるのは次走以降かもしれません。
デビューが早く、阪神の1400mを重馬場で1.22.6のタイムで勝っているので、
能力は高そうです。仕上がりはもう一歩でも馬券からは切り切れない面が
あるのが悩みどころですね。
 
 
クイントゥープル
美坂 55.6-39.5-25.2-12.2 3頭併せ/外/強め/先着
デビュー戦の調教の動きは抜群で、仕上がりの良さが目立ちました。
レースでも、Hペースで上がりがかかる中、しっかりとした末脚で差し切りました。
今週の追い切りは、3頭併せの大外で負荷をしっかりかけてきました。
動きも、力強いフットワークでパワーを感じました。
ただ、若干重たさがありますし、距離ももっと長い方が良さそうに思います。
消耗戦になれば浮上してくるかもしれませんが、速い上がりが必要な展開では
厳しい戦いになるかもしれません。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
人気は関係ない!魅力満載の馬は?
柔軟性があり、能力高そうな馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログへ