どうも、タカピです。
 
本日は、菊花賞トライアル、神戸新聞杯の追い切り診断です。
ダービー2着馬のサトノダイヤモンドが登場します。
先週のセントライト記念で皐月賞馬のディーマジェスティがきっちり勝って、
秋の好スタートを切ったので、サトノダイヤモンドも負けられないところです。
 
エアスピネルなどの他の実績馬に加えて、夏を使われた上がり馬も何頭か
いますので、楽しみなレースになりそうです。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
⑧ナムラシングン
⑦エアスピネル
B+評価
⑭サトノダイヤモンド
⑬イモータル
⑤カフジプリンス
②ジョルジュサンク
 
B評価
⑫レッドエルディスト
⑮ミッキーロケット
⑩ワンスインアライフ
 
 
大本命のサトノダイヤモンドは余裕残しの仕上げなので、菊花賞を考えずに
ここを勝ちに来た陣営が番狂わせを起こす可能性は少しですがあるでしょう。
 
阪神外回りで行われるようになって、上がり最速馬の成績が圧倒的なので、
良い脚を長く使える馬が有利なのは間違いないと思います。
 
スポンサードリンク
 
 
 
 

調教解説

ナムラシングン
栗坂 53.3-38.6-24.8-12.2 2頭併せ/内/強め/先着
ド迫力の動き!栗東坂路での追い切りでしたが、重戦車のような
パワー満点の動きで、グイグイ坂を駆け上がってきました。
夏を挟んでかなりパワーアップしている印象を受けました。
前肢の出し方からもコーナーは不得意そうなので、広い阪神の外回りコースは
走りやすいのではないかと思います。前走の小倉や皐月賞など得意ではない
小回りコースでも好走しているように、ポテンシャル自体が高い馬だと思います。
コース変わりと成長度で一線級と対等以上に戦える可能性はあります。
 
 
エアスピネル
栗坂 52.7-38.6-25.2-12.3 2頭併せ/外/強め/先着
動きに力強さが増してきてパワーアップしてます。
2歳時は軽い動きで瞬発力に特化したマイラーの動きでした。
しかし、3歳になり力強さも加わってきて、単なるマイラーではなくなってきたなという印象でした。
そして秋になり益々パワーアップを感じる動きを披露しました。
以前は、回転の速いフットワークで切れ味は素晴らしかったのですが、どうも持続力や粘りに欠ける
走り方だったのが、力強さが加わりパワーを感じる走りになってきています。
思った以上に成長力がある馬のようで、想像を超えた成長をしています。
これなら、3歳馬同士なら2400mは何の苦もなく走れると思います。
瞬発力という持って生まれた武器がある馬ですので、抜け出す場面はあるはずです。
後は、そこから粘り通すことができるかでしょう。チャンスは大いにあると思います。
 
 
サトノダイヤモンド
CW 53.6-38.6-12.0 単走/強め
余裕を残した仕上げですね。まだ馬体も少し重いのかなといった印象です。
ただ、動きは相変わらず素晴らしい馬で、見栄えはじゅうぶんです。
秋になり馬体に幅がでたようで、一完歩の距離がさらに伸びたように感じます。
一旦スピードに乗れば手がつけられない程に伸び続けるのではないかと想像出来ます。
春は無冠に終わってしまいましたが、G1は絶対勝たなければいけない馬ですので、
余裕残しの仕上げでもここは勝って本番の菊花賞を迎えたいところでしょう。
 
 
イモータル
栗芝 81.0-64.5-50.1-36.4-11.5 3頭併せ/中/馬なり/先着
芝コースでの追い切りでしたね。
春はうるさい面が目立って、追い切りでも発汗があったりしてましたが、
今週の追い切りでは気難しさも見せずにリラックスしてノビノビ走れていました。
気性的に仕上がりが早そうな馬なので、芝コースで負荷を軽めにしたのは先を考えると
良いことだと思います。ただ、今回は負荷が少ない分競り合いになた場合に脆さが出る
可能性はあります。
フットワークが柔らかく、柔軟性に富んだ走りで素質は高い馬です。秋になり気性面での
成長が見られれば、重賞はあっさり勝てるだけの馬ですので、レース振りには注目しておきたいです。
 
 
カフジプリンス
CW 82.6-66.9-51.9-37.9-12.3 3頭併せ/外/一杯/同入
新興勢力ですね。追い切りでの動きは、スタミナ豊富といった感じで
バテない末脚を見せました。初速は遅く、シュと反応する脚はありませんが、
追うだけ伸びていくような感じです。いかにも長い距離は向きそうですね。
ただ、神戸新聞杯は阪神外回り2400mになって上がり最速馬の成績が、
5-3-2-0と切れる脚を求められますので、ここでは切れ負けしてしまう可能性があります。
前々でレースを運べたら粘り込めるだけのスタミナはありそうですがね。
菊花賞の3000mで見てみたい馬でもありますので、何とか権利を取って欲しいですね。
 
 
ジョルジュサンク
栗坂 53.7-38.7-24.6-12.3 2頭併せ/外/馬なり/先着
春に比べ逞しさが増した印象を受けます。
動きがパワフルになってきました。ヴィクトワールピサ産駒で切れる脚はないですが、
長く脚を使えそうな馬なので、夏を挟んでのパワーアップで持続力に更なる磨きがかかれば
見せ場以上の活躍があっても良さそうです。
 
 
 
レッドエルディスト
栗坂 53.8-39.0-25.1-12.4 2頭併せ/内/一杯/先着
印象としては、もう一追い欲しいかなといった感じです。
若干動きに重たさがありました。ただ坂路で一杯に追ってきましたので、
今週の追い切りで態勢は整ったと思います。
動き自体は、躍動感のあるフットワークでバネを感じましたので、
持ち味の鋭い末脚を出せる状態にはありそうです。
上がり最速を期待できる馬ですので、ここは馬券からは外せない存在だと見ています。
 
 
ミッキーロケット
栗坂 53.5-39.1-25.4-12.8 2頭併せ/内/馬なり/先着
順調ですね。夏に使われている馬なので強い追い切りは必要ないでしょう。
坂路でさっと流した追い切り内容でしたが、動きにバネがあり、躍動感を感じました。
すこしもっさりした感じがあるのはキンカメ産駒特有のものでしょう。
ただ、個人的にはもうワンパンチ足らない印象を受けたのも事実ですね。
 
 
ワンスインアライフ
栗坂 52.2-39.0-26.0-13.2 単走/大外/馬なり
デキだけを言えばかなり良さそうに見えますね。
夏を使われ連勝しているように、充実感がうかがえます。
追い切りの動きを見ても、掻き込みが力強く、大きなフットワークで走れています。
今のデキなら権利奪取はじゅうぶん期待出来そうですね。
穴としての魅力はある馬だと思います。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
迫力満点で、春の勢力図を崩したい馬は?
 
 
 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ