どうも、タカピです。
 
今週は、苦手な3日間開催ですね。3日連続で競馬が行われるとかなり疲れるんですよね(笑)
 
まあ、そういうくだらない話は置いといて、本日は2歳重賞のサウジアラビアRCの追い切り診断をしようと思います。
 
重賞になってまだ3回目ということもあり、なかなか傾向を探るのは難しいですが、
クラリティスカイがNHKマイルCを勝ったり、昨年はイモータルが2着とこのレースをステップにして
その後活躍する馬も多いような気がしますね。
基本的にマイル路線で活躍するような馬が結果を出すのかなというイメージはあります。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
③クライムメジャー
 
B+評価
④ウィンドライジズ
⑥ブレスジャーニー
 
B評価
⑧セイウングロリアス
②バリンジャー
⑦ダンビュライト
 
 
完成度の高い馬が数頭いますね。
マイラーとして大成しそうな馬もいますし、暮れの朝日杯に向けて
楽しみなレースになりそうです。
 
ダンビュライトなどの中距離タイプよりは、マイル路線で活躍するような
馬を狙ってみたいと思いますね。
 
 
スポンサードリンク
 
 
 
 

調教解説

クライムメジャー
栗坂 54.1-38.9-24.9-12.2 2頭併せ/内/馬なり/先着
良い動きでした。外から内に切れ込むよう形での併せ馬でした。
意図した上で内に刺さったのだと思いますが、もしそうでなかったのなら
まだ若さがあるのだと思います。
しかし、肝心の動きの方は柔軟性があって柔らかいフットワークでしたし、
追ってからの反応の速さも抜群でした。マイラーとしての資質は相当高いと感じましたね。
デビュー戦は外枠から終始外を回る競馬でしたがしっかり押し切りました。2着のアドマイヤミヤビも
先日圧勝していましたので、相手も強い中での完勝でしたから、やはり能力は高いと思います。
 
 
ウィンドライジズ
南W 68.6-53.3-39.6-13.3 2頭併せ/外/一杯/先着
完成度が高そうな馬体をしています。2歳馬ながら筋肉もしっかりついています。
動きも迫力があるフットワークでパワーも感じます。
クライムメジャーと同じダイワメジャー産駒ですが、こちらはよりスピードとパワーに特化した
タイプかなと思います。一瞬の脚には欠けますが、パワーで押し切るような競馬が合っていそうです。
開幕週の馬場を味方に付ければ好走は十分可能でしょう。
 
 
ブレスジャーニー
南D 66.1-51.3-38.0-12.4 4頭併せ/中/馬なり/同入
バトルプラン産駒で地味な血統ですが、走りにバネがあり能力が高そうな馬ですね。
2頭併せが変則的な4頭併せのような形になりましたが、その分負荷もしっかりかけられています。
追い出してのフットワークも躍動感があります。母父タニノギムレットの影響も感じるフォームですね。
パドックでの歩様も柔軟性があり、かなり完成度が高い馬だと思います。
デビュー戦は、最後方からもの凄い脚で追い込んでの3着でしたが、自身の上がり3Fは32.9と初戦の2歳馬には
なかなか出せない数字ですし、レース上がりより1.5秒、上がり2位のマイネルバールマンより1.1秒も速い脚を
使っています。2戦目は中団からほぼ馬なりで差し切っていますし、このレースに出走するロジムーンも寄せつけない
完勝でした。能力的にはここでも十分勝ち負け出来る馬だと思います。狙い目十分です。
 
 
セイウングロリアス
南W 53.4-38.7-12.9 2頭併せ/内/強め/同入
沈み込むようなフットワークで、父のリーチザクラウンの面影もある馬ですね。
完歩も大きいですし、持続力が高そうな走り方です。
そういうタイプなので、東京のような広い馬場は合っていると思います。
ただ、走り的にも中距離タイプでしょうから、マイルの流れは少し忙しいかもしれません。
持久力勝負になった場合には勝ち負けに加わってくるかもしれないですね。
 
 
ダンビュライト
栗坂 52.9-39.1-25.9-13.3 2頭併せ/外/強め/同入
強調材料に欠ける動きでしたね。併せた相手がアンビシャスというのあるかと思いますが…。
不満な点もないのですが、良い点も見つからないという感じです。
良く言えば上手くまとまった無難な動きという印象ですね。
人気になりそうですが、調教からはそこまでの馬とは思いませんでした。
デビュー戦は圧勝でしたが、不良馬場でのものですし、相手を考えてもそこまで強調できる
内容ではなかったように思います。
瞬発力タイプでもなさそうですので、距離ももう少し長い方が良いのではないかなと思います。
 
 
バリンジャー
南W 69.1-54.2-39.5-13.4 3頭併せ/内/馬なり/同入
競馬を使われて少しうるささが出てきたように感じますね。
3頭併せでしっかり負荷をかけられている点は評価出来ますが、
肩付近に激しい発汗の後がありましたので、気性面での不安を感じました。
そんな感じなので、調教でも恐る恐る乗ってて強くは追えない雰囲気もありましたね。
デビュー戦は余裕たっぷりに勝って能力を感じましたが、函館2歳Sは気の悪さを見せたのか
大きく出遅れることになりました。ただそれでも上がり最速で6着に追い込んで来ましたので、
能力はある馬だと思います。1200mよりはマイルの方が良いと思いますので、気の悪さを見せなければ
好走してくる馬だと思います。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
末脚の破壊力に魅力がある馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログへ