どうも、タカピです。
 
今回は、2歳牝馬の重賞、ファンタジーSの追い切り診断です。
 
暮れのG1阪神JFの前哨戦という位置づけですが、最近は本番で好走する馬は
少ないのかなという印象です。
 
やはり、阪神マイルと京都1400mではコース形態が全く異なるので、
その影響が出るのかなと思います。
 
今年は、デビュー戦で、圧倒的なパフォーマンスを見せたミスエルテが出走しますので、
阪神JFに向けてどんなレースを見せるのかに注目ですね。
 
 
では、追い切り診断です。
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
ミスエルテ
 
B+評価
モンロー
ブラックオニキス
ヤマカツグレース
ディアドラ
 
B評価
クインズサリナ
ドロウアカード
 
 
やはり、ミスエルテの動きは凄いです。
バネが半端ではないです。
能力は抜けている印象ですね。
 
他馬は、どうやってこのミスエルテを倒すのかといったところでしょう。
ただ、初戦は折り合いの不安定さを見せていましたので、ここで折り合いを欠くのなら
キャリアのある馬にやられる可能性もあります。
 
スポンサードリンク
 
 
 

調教解説

ミスエルテ
CW 52.1-38.1-11.5 2頭併せ/内/馬なり/先着
本当に凄い動きをする馬ですね。2歳牝馬の動きではないです。
この馬は、とにかく蹴りが力強くてパワーは相当なものでしょう。
デビュー戦の道中も手応えが良すぎて、騎手が抑えきれないくらいでしたから。
また、追ってのバネも凄く、弾むようなフットワークで伸びます。
初戦は馬なりでの圧勝でしたが、追っても伸びる馬なのは間違いないでしょう。
スピードが有り余っている感じなので距離短縮はプラスだと思いますが、
先のクラシックを考えたらしっかり折り合いをつける競馬をしたいところでしょう。
正直、負けられない馬だと思いますし、負けないと思います。
 
 
モンロー
栗坂 53.3-38.3-25.2-12.8 2頭併せ/外/強め/先着
坂路で力強い動きを見せました。パワーを感じますし、
完成度も高いタイプに見えます。
初戦は、クラシック候補のディーパワンサに敗れましたが、
前走はダートであっさり逃げ切りました。スピードとパワーのバランスが
良さそうなので、先手が取れれば平坦の京都なら残る可能性はあると思います。
 
 
ブラックオニキス
南P 69.7-54.2-40.1-12.4 2頭併せ/内/強め/同入
400キロそこそこと小柄な牝馬ですが、動きにはバネがあります。
勝負根性もありますので、早くから活躍できる馬ですね。
馬体は、成長の余地を残しますが、バネの効いたフットワークからも
分かるように、現時点の完成度で上位でしょう。ここでも好勝負。
 
 
ヤマカツグレース
栗坂 53.6-38.4-24.9-12.3 単走/馬なり
この馬も素質馬ですね。
ただ、ハービンジャー産駒らしく動きはすこしもっさりしています。
同じ条件の前走で差し切れなかったのはそこが原因でしょうし、
平坦コースの1400mでは条件が合わない可能性もありますね。
能力でどこまでと言ったところでしょう。
 
 
ディアドラ
栗坂 53.1-39.0-25.4-12.6 2頭併せ/最内/馬なり/同入
坂路でパワフルな動きを見せ、持続力がありそうな印象を受けました。
最内を回ったので時計は参考しはならないと思いますが、
後肢の蹴りが強く、チップが高く舞っていました。
ただ、フットワークからもスピード勝負になると厳しいレースになりそうです。
距離はもっと長い方が良いでしょう。追い比べの展開になれば勝ち負けまであります。
 
 
クインズサリナ
栗坂 52.3-37.7-24.7-12.2 単走/馬なり
小倉2歳Sで人気になったほどの馬ですが、動きからは大物感は感じませんし、
先々は条件クラスを走っている可能性もありそうです。
単調なスピードタイプに思えますし、動きも軽いタイプなので、
1400mで競る展開では脆さが出そうだと思います。
 
 
ドロウアカード
栗坂 52.0-38.2-25.2-12.8 2頭併せ/内/強め/先着
頭が高い走法で、まだ若さがある馬です。
坂路での動きを見ると、チップも舞ってましたし、
脚力の強さは感じます。後は若さを出さずに走れるかでしょう。
頭が高い分、競っての弱さはあるかもしれません。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
打倒ミスエルテへ、スピードとパワーで勝負!
 
追い比べの展開なら持続力で対向できる?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログへ