どうも、タカピです。
 
今回は、2歳の短距離重賞の京王杯2歳Sの追い切り診断です。
 
今年は、非常に能力の高そうな馬が揃った印象です。
調教でも動きの良い馬が多く、目移りしたくらいです。
 
近年、このレース朝日杯や阪神JFで好走する馬はあまり出ていませんが、
今年はその先まで注目できるような馬が揃ったと思います。
 
各路線バラバラに戦ってきた馬が多く能力比較も難しい一戦になりました。
馬券は非常に難しいと思いますね。
                                             
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
レヴァンテライオン
 
B+評価
モンドキャンノ
レーヌミノル
ダイイチターミナル
タイムトリップ
ジョーストリクトリ
コウソクストレート
 
B評価
ダノンハイパワー
ドウディ
 
 
スピード自慢の馬が集まった印象で、どの馬も甲乙つけ難い印象です。
 
動きの良い馬も多く、完成度も高い馬が多いような気がします。
 
函館組、小倉組、秋デビュー組と路線もバラバラで能力の比較も難しいので
連勝系の馬券を当てるのは一苦労だと思います。
 
今年は、ここから暮れの2歳G1で好走する馬も出るのではないかという予感もしますね。
 
スポンサードリンク
 
 
 
 

調教解説

レヴァンテライオン
栗坂 53.3-39.2-25.3-12.4 2頭併せ/内/馬なり/先着
夏の函館に比べて、随分と逞しさを増したような印象です。
坂路で併せ馬でしたが、馬なりで並走馬を突き放しました。
追われてからの脚に迫力があり、動きも力強いです。
函館2歳Sも本命印を打ったほど良い印象がありましたが、
今回も休み明けですが、しっかり勝ち負け出来そうな動きと仕上がりに映ります。
難敵が揃った印象ですが、この馬のスピードとセンスも上位で間違いないでしょう
 
 
モンドキャンノ
CW 82.4-66.5-51.9-38.2-12.0 2頭併せ/内/一杯/同入
函館の時は、頭が高く、動きも軽さが目立ったのでスピード一辺倒の馬と
思っていましたが、休みを挟んで逞しさも増して動きに力強さが出ています。
今週の追い切りは、CWで先行して並走馬を待つ内容でしたが、一旦勢い良く
交わされますが、そこから追われて追いついた内容をみると単なるスピード馬では
ないという印象を持ちました。
1Fの距離延長はカギですが、ここでも見せ場以上は確実だと思います。
 
 
レーヌミノル
CW 84.7-68.0-53.4-39.3-12.4 単走/馬なり
正直、まだ馬が緩いんですよね。
小倉の2戦を見ても、まだトモの筋肉も付ききっておらず
能力だけで走っている印象があります。
今週もCWを馬なりでフットワークを伸ばす程度の調教でしたが、
小倉の時と比べれば、体をよく使えるようになってますし、仕上がりも
徐々に進んで来たように思います。
そんな状態でも小倉2歳Sを驚異的なレース振りで圧勝するのですから、
能力は底知れない馬です。
ミスエルテを避けてこちらに回って来たのかもしれませんが、来年のことを
考えると東京コースを経験しておくのはプラスに思えますし、レベルの高い馬と
戦わせるのも先を考えたら有益だと思います。
今回は牡馬の強い馬も数頭いますので、厳しい戦いになるとは思いますが、
レース振りには大いに注目しておきたいです。
 
 
ダイイチターミナル
南W 68.3-53.5-39.5-13.1 2頭併せ/外/馬なり/先着
いい動きですね。回転の速いフットワークでスピード感が凄いです。
また、追ってからも一瞬で突き放したように加速力も十分です。
弾むようなフットワークで動きにバネがありますし、長く良い脚を
使えるタイプだと思います。距離延長はプラスですし、東京の長い直線も
この馬には向くと思います。小倉2歳Sは大差をつけられましたが、
条件が向きそうな今回は逆転があっても良いと思います。
 
 
タイムトリップ
南W 71.8-56.4-40.6-13.3 2頭併せ/内/馬なり/先着
月1走の間隔でレースを使われている馬で、もうかなり仕上がっている馬です。
ですから強い調教は必要ないですし、時計はこんなもので充分です。
動きの方は、相変わらず柔らかいフットワークで柔軟性があります。
穴で推した函館2歳S時よりも動きに力強さが出ていますし、仕上がりは文句ないと思います。
このメンバーでは完成度も上位ですし、1Fの距離延長もこれだけ動きが柔らかければ問題ないと
思います。勝ち負けでしょう。
 
 
ジョーストリクトリ
CW 80.9-66.1-51.8-38.7-12.6 2頭併せ/外/強め/先着
動きが力強く、パワーとスピードがありそうです。
CWコースで長めから追われ80秒台の時計なら負荷はしっかりかけられています。
キャリア2戦目ですが、初戦と同じコースですし、その初戦も大人びたレース振りで
完勝でした。調教の動きや初戦のレース内容を見ても侮れない存在だと思います。
 
 
コウソクストレート
南W 85.5-69.0-54.2-39.6-13.1 2頭併せ/内/強め/先着
デビュー前から調教での動きが目立っていた馬です。
今週の追い切りの動きも体をいっぱいに使ったフォームで躍動感がありました。
久々の前走を叩かれて状態は更に上がっている感じがします。
今回は、前走のくるみ賞と同じ舞台ですし、不安な点は何もないと思います。
後は、別路線組との力関係でしょうね。
 
 
ダノンハイパワー
南W 55.8-40.6-13.5 単走/馬なり
ちょっと気性面え若さがある馬で、調教の姿にも発汗の後がありました。
デビュー戦、カンナ賞とパドックでもうるさい仕草を見せていたので、
やはり気性面での不安はあると思います。距離延長も克服する必要があるでしょうね。
動きの方は、回転の速いフットワークでスピード感がありましたので、能力はしっかり
出せる仕上がりだと思います。
 
 
ドウディ
美坂 53.6-39.3-25.1-12.2 2頭併せ/外/強め/先着
美浦坂路で併せ馬を行いましたが、外から力強い脚色で先着しました。
動きが機敏で活気もありますから状態は良さそうです。
デビューから、あと一歩の内容が続いていたように現状では決め手に欠ける面が
ありそうですので、展開が向いてどうかといった存在かなと思います。
馬は走れる態勢だと思います。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
久々だが大人びた雰囲気で能力高そうな馬は?
 
追ってのバネ抜群!一発を警戒したい馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログへ