どうも、タカピです。
 
今回は、2歳重賞のデイリー杯2歳Sの追い切り診断です。
 
暮れの2歳G1や来年のクラシック戦線に向けて、2歳馬のレースも熱気を帯びてきた
印象ですね。
 
デイリー杯は昨年はエアスピネルが圧勝したレースです。
近年は、2歳G1にはあまり繋がらないレースでしたが、レースが整備され、
日程が微妙に変わったことで、今後は2歳G1に繋がる可能性も高そうなので
レースには注目しています。
             
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
ディーパワンサ
 
B+評価
ジューヌエコール
タイセイスターリー
ボンセルヴィーソ
ベルカプリ
 
B評価
サングレーザー
リナーテ
 
 
牝馬の素質馬が揃いましたね。
先週のレーヌミノルやミスエルテもいますし、今年の2歳牝馬路線は
実力伯仲で面白いですね。
 
調教を見る限り、典型的な短距離馬というタイプもいませんし、
マイラーとして質の高そうなメンバーが集まった印象です。
 
この時期は、2歳未勝利戦は京都内回りで行われますが、
重賞であるこのレースは、外回りで行われますので、より加速力や瞬発力
に富んだ馬が活躍すると思います。
 
スポンサードリンク
 
 
 
 

調教解説

ディーパワンサ
CW 82.9-67.6-53.4-39.3-12.8 3頭併せ/外/強め/先着
420キロ台と小さな牝馬なのですが、動きのバネが凄いですね。
今週の追い切りはCWコースで3頭併せでしたが、外から追われると
一気に並走馬に先着しました。追われてからの脚は強烈ですね。
休み明けですが、これだけ負荷をかけられていれば状態の不安は感じません。
折り合いにも不安がない馬なので、距離も心配ないです。
クラシック候補だと思っていますし、ここも勝ち負けだと思います。
 
 
ジューヌエコール
栗坂 51.8-37.9-24.5-12.1 2頭併せ/内/馬なり/先着
こちらは、完成度が高い牝馬です。
クロフネ産駒で筋肉がしっかりした馬ですし、牝馬にしては
大きな馬で骨格もしっかりしています。また歩様や走りにもバネがあります。
そこは母方のサンデー系の影響が出ていると思います。
パドックでもレースでも無駄な仕草がないですし、気性面での不安もないです。
今回は、距離が1F伸び、1600mになります。若干スピード寄りの気もしますので、
この距離に対応できるかがポイントになりそうです。
桜花賞でも面白い存在だと思いますし、レース振りには注目しています。
 
 
タイセイスターリー
栗坂 52.7-38.6-25.3-12.7 2頭併せ/内/馬なり/先着
兄のミッキーアイルとはタイプが全く違いますね。
ディープ産駒の兄は、バネの効いたフットワークでしたが、
こちらは、パワーで押し切るタイプに見えます。
調教でも、少し頭が高い走法ですが、グイグイと力強いフットワークで
坂路を走り抜けていました。調教や初戦を見ると、まだ若さが残っており、
鞍上の指示に逆らうような面もありますので、距離延長で折り合い面に
不安を残します。
持ってるポテンシャルは高い馬だと思いますのでレース振りには注目です。
 
 
ボンセルヴィーソ
CW 84.8-68.2-52.9-38.7-12.0 3頭併せ/内/馬なり/先着
ダイワメジャー産駒ですが、捌きの軽い走りでスピード感があります。
3頭併せの内からの調教でしたが、外から併走馬が来たらスッと突き放す
大人びた調教内容でした。
フットワークも大きいですし、距離も大丈夫なような気がします。
もう少し前肢を使えるようになればもっと良くなってくると思います。
有力馬には牝馬が多いですが、牡馬代表として一泡吹かせて欲しいと思います。
 
 
ベルカプリ
栗坂 54.0-39.3-25.0-12.4 単走/馬なり
こちらは、ダイワメジャー産駒らしく、パワーを前面に出した馬です。
牝馬ですが、パワフルなフットワークですし短距離志向の馬に見えます。
ここ2走はマイルで結果が出ているので、マイルはベストなのかもしれません。
フットワークが大きい馬なので、広いコースも合うと思います。
楽に行かすと粘り込む可能性はじゅうぶんにあると思います。
 
 
サングレーザー
栗坂 57.8-41.3-26.7-12.8 単走/馬なり
調教は軽めの内容で、終いを伸ばす追い切りでした。
軽めですが、この厩舎は当週はこんな感じの追い切りをするので、
状態が悪いということはないと思います。
動きの方は、さすがはディープ産駒といったバネを感じました。
追っていい脚を使えそうです。
フットワークもしっかり伸びますし、距離はもっとあった方が良さそうに
思います。マイルでのスピード勝負に対応出来るかがポイントでしょう。
 
 
リナーテ
栗坂 53.2-39.0-25.5-12.3 2頭併せ/内/強め/先着
まだ線が細いですね。馬に若さがあり本格化はまだ先だと思います。
それでも、坂路での動きはバネがありポテンシャルはかなり高いと感じます。
ただ、まだ馬体に身が入ってないので坂路で少しフラフラするところも
見られます。ステイゴールド産駒にしては馬格があるタイプなので、
中身が伴って来ればかなり走りそうです。
今回は素質で勝負でしょうが、それでも何かやってくれそうな雰囲気はある馬です。
 
 
 
本日は以上です。
 
 
 
動きがバネの塊で高い能力を感じる馬は?
 
大人びた調教内容で穴を開けそうな馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログへ