どうも、タカピです。
 
今回は、土曜日に東京で行われるダート重賞、武蔵野Sの追い切り診断です。
 
一応、チャンピオンズCの前哨戦という形にはなっていますが、
このレースは、短距離馬の参戦が多く、1400mを主に使ってきた馬の参戦が
目立ちます。
 
チャンピオンズCの距離1800mは少し長い馬が多く、ここを勝ちに来た馬も
多いと思いますので、そういう馬を中心に考えたいと思います。
 
 
では、追い切り診断です。
 
 
スポンサードリンク

 
 
 

調教評価(ランク分け)

 
A評価
⑨モーニン
 
B+評価
⑧ゴールドドリーム
⑦ノボバカラ
④ブラゾンドゥリス
③カフジテイク
 
B評価
⑪タガノトネール
⑮ジェベルムーサ
⑤メイショウスミトモ
 
 
短距離馬が多いだけあって動きが力強い馬が多いです。
 
ダート馬は、中長距離に適性がある馬はスピード不足で
調教が目立たない馬が多いのですが、
短距離馬は、スピードがある馬が多く、またパワーもありますので
調教でも目立つ馬が多いです。
 
今回のメンバーの調教を見ても、スピード馬が多い印象なので
短距離志向の強いレースになると思います。
 
ただ、主に1400mを中心に使われてきた馬が多く、1600mへの
1F延長にしっかり対応できるかがカギになりそうです。
 
スポンサードリンク
 
 

調教解説

モーニン
栗坂 53.5-38.2-24.4-12.0 単走/馬なり
実にパワフル。好調時の重戦車のような迫力満点の動きです。
調教ではいつも見栄えする馬ですが、今回も抜群の動きでした。
この馬は、スピードとパワーが凄まじいので、距離は短ければ短いほど
良いと思っていましたが、前走の交流重賞を見て1800mならパワーとスピードで
押し切れるくらい能力の高い馬だと感じました。
追って伸びる馬ではないので、先行して速いラップで後続を完封するレース
が出来ればここでも勝ち負けだと思います。
 
 
ゴールドドリーム
栗坂 53.9-38.3-24.5-12.2 単走/馬なり
3歳馬ですが、非常にパワフルな動きで能力の高さを感じます。
休養を挟んで動きが更に力強くなった感があり成長も感じます。
ダート馬特有の動きの重たさもない馬なので、地方の馬場より
スピード勝負になる中央の馬場の方が向いていると思います。
追われてフットワークが伸びるので、控えても良い脚を使える馬だと思います。
距離も1600、1800mくらいが良さそうなので、ここで結果が出せれば、
本番のチャンピオンズCでも面白い存在になると思います。
 
 
ノボバカラ
美坂 54.0-38.4-24.2-11.7 単走/馬なり
パワフルな動きで、デキ落ちは見られません。
この馬も毎回重戦車のような力強い動きを見せる馬です。
今回の動きもいつもと変わらず、坂路をグイグイと駆け上がって来ました。
状態は高いレベルで安定していると思います。
交流重賞の前走は惨敗しましたが、おそらくかなりのHペースの中、内で包まれての
レースで馬が嫌気がさしたのだと思います。
気性的に難しい面のある馬ですから、やはりスッと先行して馬の行く気に任せたレース
が良いと思います。ただ、そういう馬なので1600mという距離は1F長いのも確かです。
今回は、世界の名手R.ムーアが乗るので、距離を持たせてしまう可能性もありますね。
 
 
ブラゾンドゥリス
美坂 53.2-38.4-25.3-12.7 2頭併せ/外/強め/先着
調教は初めて見ましたが、迫力のある動きでパワーを感じました。
坂路の大外を回っての併せ馬でしたが、追われてしっかり伸びましたし、
併走馬にも先着しましたので、休み明けですが状態は良いと思います。
スピードとパワーのバランスが良さそうなタイプで、好位からスッと抜け出す
安定した競馬が出来そうです。距離も1600mなら問題ないと思いますし、
今後のダート短距離界を引っ張て行く馬になっても不思議ないと思います。
 
 
カフジテイク
栗坂 54.0-39.4-25.3-12.5 単走/強め
ダート馬にしては珍しく、スピードタイプの動きをする馬です。
今週の動きも、回転の速いフットワークでスピード感抜群でした。
調教からも、終い切れる印象がありますし、追い込む競馬が合っていると思います。
前走は、最後方から上がり34.4の豪脚で差し切りました。レース上がりより1.8秒、
上がり2位の馬より1.0秒も速い脚を使っていますので脚力が違ったとしか言いようが
ありません。
この馬は、コーナーを走らせると脚が溜まらない印象があります。
だから、東京コースで最後の直線の3Fを目一杯走らせたら凄い脚を使えるのだと思います。
前走の脚なら1600mでも問題ないでしょうし、再度の東京コースなら期待の方が大きいです。
 
 
タガノトネール
栗坂 53.3-38.1-24.5-12.3 単走/馬なり
相変わらず調教の動きは良いですね。
坂路で回転の速いフットワークでスピード感があります。
ダート馬では珍しく、動きが軽いタイプです。
ですから、中央の馬場の方が良いと思います。
また、先行する競馬をしていますが、走り方からスピードがある馬なので、
脚を溜める競馬の方が結果が出そうな気がします。
先行すると、ダートではどうしても我慢比べになりますが、この馬はそれに耐える
パワーがない馬だと思います。一度差す競馬を見てみたい馬です。
 
 
ジェベルムーサ
南W 68.3-52.0-38.1-13.4 2頭併せ/外/馬なり/遅れ
ここ2走の重たさはだいぶ軽減してきました。
動きに躍動感が出て来ましたので、好調時に近づきつつあると感じます。
フットワークが大きいタイプで、このメンバーに入るとスピードで劣るような
気がしますので、今回は厳しい戦いになりそうですが、次走以降は復活する
気配も感じますので、レース振りには注目しておきたいと思います。
 
 
 
 
本日は以上です。
 
 
圧倒的なパワーとスピードで勝ちに来た馬は?
 
切れ味で他馬を一気に飲み込めそうな馬は?
 
 
にほんブログ村 競馬ブログへ